減圧症による症状[労働衛生コンサルタント試験過去問 平成29年度 問5]

【問題】
減圧症に関する次のイ~ニの記述について、正しいもののみの組合せは(1)~(5)のうちどれか。
イ 急激な減圧では、空気塞栓症や肺の破裂が起こる。
ロ 内耳・前庭機能障害として、めまいや平衡機能障害が生じる。
ハ ベンズと呼ばれる皮膚の痛みや発疹が生じる。
ニ スクイーズと呼ばれる前胸部痛、呼吸困難などの呼吸器症状が生じる。
(1)イ ロ
(2)イ ハ
(3)イ ニ
(4)ロ ニ
(5)ハ ニ

【答え】(1)イ ロ

【解説】
〇イ 急激な減圧では、空気塞栓症や肺の破裂が起こる。

〇ロ 内耳・前庭機能障害として、めまいや平衡機能障害が生じる。

×ハ ベンズと呼ばれる「四肢の関節痛、筋肉痛」症状が現れる。減圧症では、皮膚の痛みや発疹も生じうる。

×ニ スクイーズとは「締め付け」のことであり、耳・鼻などに痛みを生じる。前胸部痛、呼吸困難などの呼吸器症状は、「チョークス」と呼ばれる。

減圧症はその症状により、I型減圧症、II型減圧症に分類されます。
I型減圧症:皮膚症状が見られる「皮膚型」、ベンズ症状の見られる「筋肉関節型」が含まれる。
II型減圧症:前胸部痛や呼吸困難、ショックなどを呈する「呼吸循環器型」(チョークス)が含まれる。

【参考書・問題集のご紹介】
労働衛生コンサルタント(保健衛生)試験の試験対策にオススメの電子書籍を出版しました。ご参考にしていただけると幸いです。

産業医のための労働衛生コンサルタント口述試験対策マニュアル: 一発合格するための秘訣

まずはこれだけ!労働衛生コンサルタント口述試験対策問題集: 必須の41問


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。