朝丘雪路さんも罹患していたアルツハイマー型認知症についての説明資料[安全衛生委員会トピックス]

朝丘雪路さんがアルツハイマー型認知症に罹患しておられ、夫の津川雅彦さんが献身的に介護を続けられていた、というのはドキュメンタリー映画などでも放送されており、有名な話ですね。

そんな朝丘さんが先月27日にお亡くなりになっておられたそうです。そのことについて、安全衛生委員会などでトピックスとされることもあるかもしれません。今回は、その資料としてどのようなものがあるのか、掲載したいと思います。

ガイドライン

認知症疾患診療ガイドライン2017」に、アルツハイマー型認知症について掲載されています。

認知症の行動・心理症状や、診断基準、薬物療法と治療アルゴリズムなどについて記載されており、詳しい説明を求められたらこうした内容をお伝えするとよろしいかもしれませんね。

一般向け資料

上記内容だと、少し専門的過ぎて、噛み砕いて説明するのが大変な場合は、エーザイ株式会社の「イーローゴネット」もオススメです。認知症地域支援マップの紹介など、委員会で話をしやすい、ためになる内容が豊富ですね。

その他、第一三共株式会社の「いっしょがいいね.com」も認知症についてとてもよくまとまっており、イラスト付きで見やすい内容となっています。

厚労省にもテキストベースですが、「みんなのメンタルヘルス」などもとてもよくまとまっています。

こうしたところを参考に、お話をするとよろしいのではないでしょうか。

とくに働き盛りの40代近くになりますと、ご両親がご高齢になり、認知症による介護の問題などが出てくることになり、決して他人事の話にはならないことであると思われます。具体的な支援策など、上記サイト等でお調べになってお話なさいますと、きっと社員さんも耳を傾けていただけるのではないでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。