産業医面談において事実上の「退職勧奨・退職勧告」が行われてしまっているケース【産業医マニュアル】

そもそもの前提としてですが、産業医に「退職勧奨」や「退職勧告」を行うような権限もありませんし、社員さんに従う法的根拠もありません。

ですが、産業医が極端に企業側寄りになってしまい、復職を阻んで社員さんが退職せざるを得ない状況に追い込まれてしまうケースもあったりしました。実際のところ、それで訴訟問題に発展することもありましたね(「ブラック産業医」復職認めず、退職に追い込まれた…元従業員が提訴 – 弁護士ドットコム)。

ただ、実際のところ事実上の「退職勧奨・退職勧告」が行われてしまっているケースもあるようです。少し前の話になりますが、外資系企業で、長時間勤務や進行中のプロジェクトで苛烈なプレッシャーを感じていたとある社員さんが通勤中、「電車に飛び込んでしまいたくなった」ことを心配して産業医に相談したそうです。

その企業の産業医は、恐らく同様のケースを多数知っており、なおかつ受診勧奨や就業制限などでは立ち行かないことを知っており(専門性の高い特定業務の中途採用であって事実上、異動もできない)、ボソッと「ここはやめた方がいいよ…体を壊すよ、もしくは本当に電車飛び込んじゃうよ」とつぶやいたそうです。

その言葉に、社員さんも「やめるしかないよな…」と思い、退職を選んだとのこと。もちろん、なんら法的拘束力のない産業尾の「つぶやき」ですが、社員さんにとっては事実上の「退職勧奨・退職勧告」になっているのではないでしょうか。

上司に相談しても、業務量・業務内容に変化はなく、プロジェクトの期日は迫ってくるだけ。このままでは倒れるか、もしくは本当に電車に飛び込んでしまうかもしれない…と思ったならば、それはやはり退職を選ぶしかなくなってしまいますね。

本音のところ、「受診勧奨の通りに精神科受診して、休業して…それで復職して本当に上手くいくのか?」と問われれば、やはり難しいところですね。専門性の高い特定業務の中途採用であった場合、「採用時に、できるって言って入ってきたんでしょ。上手くできなきゃ辞める以外ないよね」という企業側の理屈も分かります。ですが、産業医としてはそれを「つぶやき」で代弁するべきではなく、サポート側に回るべきでしょうね。

ついつい雑談ベースで、会社の内情を踏まえたぶっちゃけた話をしてしまう気持ちも分からなくもありませんが、産業医として気をつけたいと改めて思った次第です。

もしこうした産業医業務にご興味をお持ちのドクターがおられたら、ぜひ産業医となることをご検討いただければと思います。その際には、私も転職のたびにお世話になっておりました、人材紹介会社の「リクルートドクターズキャリア」「エムスリーキャリア」にご相談されてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。