愛煙家ドクターは転職先に「喫煙所」を求める

周りでタバコのにおいがすると、ついつい私は眉をひそめてしまう方ですが、ドクターの中にも愛煙家がいます。以前に勤務していた病院の整形外科医は愛煙家で、オペ後やランチ終わりに喫煙所に行く姿をよく見ました。

そんな彼が転職することになり、やはりそこで彼が出した条件も「喫煙所がある病院」だったそうです。ですが、最近では病院内に喫煙所があるところも、減りつつあるようです。そこで彼は転職支援会社のエージェントさんに、「自分の車の中で吸うのはOK?」とまで訊いたそうです。

「そこまでするか?」と思いつつ話を聞いていましたが、彼曰く「エージェントは別に驚いた感じじゃなかったよ」とのこと。意外にも、同じような条件を出しているドクターはいるようですね。

もちろん、勤務先を選ぶ上で、プラスαの条件にはなるでしょうが、愛煙家にとってはかなり重要な条件なんでしょうね。ですが、さすがにドクターが「喫煙所ある?」とは聞きにくいですよね。「求人先に大っぴらには聞きにくいけど・・・」というときは、たとえば、「リクルートドクターズキャリア」などのエージェントさんに代わりに調べてもらうのもありでしょう。

ただ、喫煙所の有無で選択肢の幅が狭まってしまうのはキャリア上、あまり好ましくはないですよね。やはり禁煙をオススメしたいところです(笑)

タイトルとURLをコピーしました