【医師転職】うつ病になってからの転職をどうすべきか

医師としての仕事でストレスを抱え、うつ病を発症、休職の後に退職をよぎなくされる、ということもあると思います。

そうした場合、転職をする上でどのようなポイントに気をつけるべきでしょうか?もちろん、先生方は疾患についても知識や理解があり、どうすべきかご承知とは思われますが、今回は産業医の立場から書いてみたいと思います。

とにかく焦らない

産業医面談をしていて気づいたことですが、療養に入りますと、不安や焦りを感じるという方が非常に多いです。

特に、それまで忙しく働いてこられた方はなおのこと、自宅でじっとしていることに不安感、焦りが募っていくようです。

ですが、療養が十分でない状態で転職活動や復帰をしても、やはり途中で息切れして再び休職、という道を辿ることになりかねません。

まずは焦らずにしっかりと療養することを心がけましょう。

独善的にならず、主治医と相談を

自分も医師ということもあり、ついつい自己判断をしてしまいがちです。

やはり自分や家族のこととなりますと、やはり独善的、恣意的な考え方になってしまう傾向にあるのではないでしょうか。

そこで重要なのが、客観的に症状や経過を見てくれている主治医と十分に相談し、意見を求めましょう。特に、転職活動の開始タイミングについては話をした方がよろしいのではないでしょうか。

転職をする上での条件の見直し

主治医の許可が出た上で、今度は転職をする上での条件を見直しましょう。

やはり、多くの方が発症前と同様の働き方は難しいのではないでしょうか。当直やオンコールの担当、オベなどの体力を要する業務についてはご自身の中で見直しを図ることをお勧めしたいと思われます。

また、残業時間なども、どの程度が可能なのかというのはあらかじめお考えいただいた方がよろしいと思われます。

転職エージェントに相談

転職での条件が決まったところで、今度は人材紹介会社に登録し、転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

やはり一人で転職を進めていくというのは、慣れていないと難しいですし、求人先の情報も限られてしまいます。

その点、転職エージェントに相談しておけば条件などについても相談でき、さらには複数の会社に登録しておけば十分な求人情報が得られると思われます。

ちなみに私は
リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア
にお世話になりました。この二社は複数回の転職でお世話になっており、大変心強いと思います。

粘り強く転職活動を

なかなかいい求人がないからといって、すぐに諦めてしまったり、投げやりになることは避けましょう。

良い求人はタイミングです。良いと思える求人は、不意にやってきたりもします。ですので、時には待つ姿勢も重要です。

そこで、やはり転職エージェントとしっかり相談し、希望条件を伝えておくことが大切です。


オススメの転職支援会社

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
人材紹介会社として知られる「リクルート」のグループ会社であり、担当してくださったエージェントも、迅速できめ細やかな対応をしていただけました。求人数も豊富であり、まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
ソニーのグループ会社であり、やはりリクルートと同様、安心感が違いますね。企業の産業医採用担当者に話を聞いたところ、エムスリーキャリアのエージェントの対応をベタ褒めしていました。こちらもオススメです。
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングもしっかりしており、面接対策についてのアドバイスも力を入れています。初めて産業医を志している先生方にもオススメです。
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりが強いことで有名ですが、意外に産業医求人も数多く取り扱っています。