医師がうつ病になってからの転職をどうすべきか【医師転職】

医師としての仕事でストレスを抱え、うつ病を発症、休職の後に退職をよぎなくされる、ということもあると思います。

そうした場合、転職をする上でどのようなポイントに気をつけるべきでしょうか?もちろん、先生方は疾患についても知識や理解があり、どうすべきかご承知とは思われますが、今回は産業医の立場から書いてみたいと思います。

とにかく焦らない

産業医面談をしていて気づいたことですが、療養に入りますと、不安や焦りを感じるという方が非常に多いです。

特に、それまで忙しく働いてこられた方はなおのこと、自宅でじっとしていることに不安感、焦りが募っていくようです。

ですが、療養が十分でない状態で転職活動や復帰をしても、やはり途中で息切れして再び休職、という道を辿ることになりかねません。

まずは焦らずにしっかりと療養することを心がけましょう。

自己判断だけを過信せず、主治医と相談を

自分も医師ということもあり、ついつい自己判断をしてしまいがちです。

やはり自分や家族のこととなりますと、ついつい客観的な判断ができない傾向にあるのではないでしょうか。

そこで重要なのが、第三者的な立場から症状や経過を見てくれている主治医と十分に相談し、意見を求めましょう。特に、転職活動の開始タイミングについては話をした方がよろしいのではないでしょうか。

どのような条件ならば勤務できるかの検討

主治医の許可が出た上で、今度はどのような条件ならば勤務できるかについて検討しましょう。やはり、多くの方が発症前と同様の働き方は難しいのではないでしょうか。

たとえば、時間外勤務はどの程度可能なのか、当直やオンコールの担当、オベなどの体力を要する業務についてはご自身の中で見直しを図ることをお勧めしたいと思われます。

業務の内容、そして量はどの程度可能なのかということを検討し、転職する上での条件が決まったところで、「リクルートドクターズキャリア」や「エムスリーキャリア」などの転職エージェントに、希望条件の求人があるか問い合わせてみてはいかがでしょうか。

「こんな条件、無理だろう…」と最初から思うのではなく、まずは転職エージェントに相談してみると、意外に求人があったり、もしくは交渉をしてくれたりします。まずは諦めず、相談してみましょう。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。