「敷地内禁煙」が徹底されていない病院が抱える実は大きなリスク

禁煙治療が保険適用される医療機関としては、「敷地内禁煙」が条件となっています。これはもちろん、施設内だけでなく、責任の及ぶ範囲、たとえば駐車場もそうですし、「施設の裏に喫煙所がある」なんてのもダメです。

ですが、島根県済生会江津総合病院では今年2月、中国四国厚生局に病院敷地内での職員の喫煙を指摘され、施設基準に敷地内禁煙を含む診療報酬の返還を求められています。過去4年5ヶ月に遡って返還額が計算され、その総額はなんと約4,700万円。とんでもなく痛い代償となりましたね。

そもそも、周辺住民などから病院職員の禁煙に関する苦情を受けていたということですから、喫煙が常態化してしまっており、ついに来るべき時が来てしまった、ということのようです。

実際、全面禁煙としている徳島市にある県立中央病院で、昨年12月、敷地内で職員29人が喫煙したとして問題になっていました。結果、院長や副院長、医療局長ら12人に対して減給や戒告の懲戒処分がなされました。建物内ではなかったそうですが、廃棄物倉庫の裏で喫煙が行われていたそうです。

喫煙に対する目が厳しくなっている昨今、今後も「保険適応に関して施設内禁煙が条件」という要件が増えてくる可能性もあると思います。その時、「申請して診療報酬は受けていたが、実は禁煙してました」ということで巨額の返還を求められる可能性もあるわけです。

また、最近ではSNSの浸透により、悪評判が立ちやすい、広がりやすいということもあります。「禁煙のはずなのに、病院職員が喫煙してた」と写真付きで広がってしまう、なんてこともありうる話です。また、火の不始末で火災なんかが発生した場合、それこそ大きな問題となってしまいます。

「敷地内禁煙」を徹底し、そのことを就業規則に盛り込む、院長が率先して禁煙対策に取り組み、職員教育の徹底を行う、といったことが必要になってくるでしょうね。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。