医師の私が「粉瘤の手術を受けてみた」体験談

昨年の夏に粉瘤ができ、それが炎症を繰り返していました。触れるだけでも痛く、熱を持っていたのですが、そのたびに抗生物質を使って自己治療をしておりました。

しかしながら、3回目の炎症を起こし、「それも限界かな」と思い、手術で粉瘤をとることに決めました。

粉瘤とは、「垢などの老廃物が、皮膚内部(真皮)に溜まることによってできる良性の腫瘤」であり、もちろんそれ自体で死に至る病ではないのですが、次第に大きくなる、炎症を起こすといったことが問題となります。

私の場合、右の大腿部(太もも)外側にできました。炎症を起こしていると、座るだけで痛くて痛み止めを飲む日々を過ごしておりました。しかも今回、労働衛生コンサルタント口述試験の直前に炎症が起きてしまったため、「これはもう、試験終わったら手術しよう!」と決意しました。

直径1.5 cm大とやや大きくなってきておりましたが、大きく切開したりすると日常生活に支障が出るため、「なんとかあまり切らずに済まないか」と思っておりました。そこで、「くり抜き法」により即日手術できるクリニックを探し、「アイシークリニック新宿院」を予約。月曜に予約し、その週の土曜に受診することにしました。

少々待ちましたが、即日手術できました。局所麻酔を行い、トレパンという穴をあける直径 4~5mmの器具を差し込みます。その上で、皮下の嚢腫や膿を取り出していきます。結構痛いですが、麻酔を追加することで無事に終了しました。

「腐ってる」と何度も言われ、微妙な気持ちになりましたが(笑)、ゼラチン状になった膿を出し切れました。その後、指定の薬局に向かって抗生物質や痛み止めをもらい、歩いて帰宅しました。

あっけなく、「もっと早くやっておけば」と思った次第です。手術代+受診料は1万6千円程度、薬代はガーゼやキズパワーパッド込みで3,000円程度。計2万円弱でした。

粉瘤はそもそも「切らなきゃ治らない」ものであり、炎症を起こしたらすぐ手術をした方がいいそうです。もし繰り返していらっしゃるようでしたら、大きくなる前にすぐ手術されることをお勧めします。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。