産業医も「臨床」を続けるべき3つの理由

私は現在、週4日常勤産業医として勤務し、1日は非常勤外来を受け持たせていただいております。長らくその生活を続けておりますが、その理由としては、3つあるな、と最近思った次第です。

今回は、産業医も「臨床」を続けるべき3つの理由について書いてみたいと思います。

1) 臨床医としての「勘」が鈍らないように

長らく臨床から離れてしまいますと、「この症状、鑑別診断はなんだっけ?」などと思ってしまうこともあるでしょう。社員の方々と面談をしている上でも、こうした臨床医としての「勘」は鈍らせるべきではないと思います。

また、臨床医として、主治医の心情も理解できていないと、ついつい「この血糖値…コントロールしていないとは主治医、けしからん!」などと、主治医を攻める思考に陥ってしまいますが、実際は「患者本人がまず治療に前向きじゃないからな」といったことがよくあります。

事象を多面的に見る、問題解決を複数の視点で眺めつつ行うということもまた重要です。そのため、「臨床医の目」というのは持っておくべきであると思われます。

2) 「臨床医に戻れる」という安心感

1) にも理由が関わってくるのですが、「産業医一本で食っていく」と自分で思っていても、臨床医求人に比べて、産業医求人数は少なめです。「前職を辞めたら、転職先がない」なんて自体に陥らないとも限りません。

そのような時、「臨床医に戻れる」という選択肢がないと大変です。そのため、週1度でも診療を続けて「臨床医に戻れる」という安心感を持っておくのも重要だと思われます。

3) 収入面での潤い

産業医としての収入は、やはり当直・オンコールを行う臨床医としての収入よりは低くなりがちです。そのため、非常勤外来で収入が月30~40万増えることは大変ありがたいことです。

収入面での潤いは、やはり生活していく上でも、将来を考える上でもとても大切なことですよね。そのため、非常勤バイトは産業医にとってとても大事なものだと思われます。

以上です。
もし現在、産業医のみで非常勤外来などのバイトをされていらっしゃらず、「バイト、はじめてみようかな」とお思いでしたら、「リクルート ドクターズキャリア」といった求人情報を多くお持ちのキャリアエージェントさんにご相談いただいてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。