刑務所で働く「矯正医官」になる方法とメリット・デメリット

法務省 矯正局では、刑務所で働く「矯正医官」を募集しています。サイト上にはいきなり「誰かがやらなければならない 矯正医療」とあり、なり手としては少ないのかな、という印象ですね。

産業医が社員の健康管理を実施する医師に対し、矯正医官は受刑者の健康管理を行う医師です。ただ、矯正医官は「国家公務員」という身分になります。ですが、一般的な国家公務員のイメージとは異なり、「兼業も特例が認められている」そうです。

こうした「矯正医官」になるには、法務省矯正局のホームページにある、「募集要項」のWEB問い合わせフォームから応募ができます。「ウェブから常時受け付けてるんだ」と思い、ちょっと驚きました。

北海道地区、東北地区、関東甲信越地区、東海北陸地区…とあり、施設見学も受け付けているそうです。

ちなみに、一般的に言われている「矯正医官」のメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

・年収1,300万円(平均)
・扶養手当、住居手当、通勤手当、期末・勤勉手当、超過勤務手当など支給
・国家公務員でありながら、兼業が可能。
・フレックスタイム制を利用できる。
・夜間当直、休日当直なし。
・育児休業制度あり。

一方で、デメリットとしては、

・刑務所という特殊な空間での勤務(危険性、一般病棟とは異なったルール、トラブルなど)
・HCVや結核罹患者は比較的多いため、感染リスクがある。

といった点でしょうか。
ホームページ上では、「子育て中の女性医師」「大学院生で研究を続ける研究者」といった方々を呼び込もうとされていらっしゃるようです。

もし興味があるという方は、法務省矯正局のホームページにある、「募集要項」のWEB問い合わせフォームから応募してみてはいかがでしょうか。お問い合わせもできるみたいですよ。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。