「残業月150時間超え」でも喜々として仕事していた先輩医師が転職した理由

臨床医として勤務していた頃、「残業月150時間超え」が毎月のように続いていた先輩医師がいました。呼吸器外来を毎日のようにもっており、それ以外の時間帯は当番でもないのに救急外来で手伝いをする、というような方で、受け持ち患者さんが15人を下回るようなことはありませんでした。

中には状態も不安定な患者さんがおり、深夜呼び出しを受けて、当直でもないのに医局のソファで寝ている姿を何度も見かけました。

ですが持ち前の体力もあり、「喜々として」お仕事をされていらっしゃるようでした。その先生がいきなり転職するということを聞いて、とても驚いたのを覚えています。

後日、「やっぱり仕事、大変でしたか?」と質問したところ、その先輩医師は「大変は大変だったけどね」と言った後で、転職した本当の理由を教えてくれました。

「妻に怒られちゃって…」と、言葉を濁しながらおっしゃっていました。先輩の家では、子供が生まれたばかりであり、にも関わらず仕事に打ち込んで子育てを手伝ってくれないと、奥さんがついに不満を爆発したから、というのが本当の転職理由だったそうです。

当時は私も独身で、「そんなことで転職?」と信じられませんでしたが、結婚して子供ができた今、大いに頷けます(笑)転職する際、奥さんの反対で「内定が出ていたにも関わらず翻した」という先生もいらっしゃるくらいですから、先輩のケースでも、奥さんの爆発というのが大きなウェイトを占めていたんでしょうね。

それぞれにご家庭の事情というものがあります。生活や家庭があってこその仕事です。そうした問題での負担を軽減するための転職というのもよろしいのではないでしょうか。もしそうしたお悩みを抱えて、「こんな条件ならば働ける」というご相談をなさりたいのならば、「リクルートドクターズキャリア」のエージェントさんなどがオススメです。ぜひ一度、ご相談にのっていただいてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。