産業医は長時間労働面談で「何をチェックすべきか?」「何を記載して残すべきか?」のおさらい

長時間労働者に対する面談で何を訊くべきなのか、実は「安全衛生規則」には記載されています。ご存知の方もいらっしゃるとは思われますが、もう一度おさらいしておきましょう。

具体的には、以下のような法令があります。

面接指導における確認事項

第五十二条の四 医師は、面接指導を行うに当たつては、前条第一項の申出を行つた労働者に対し、次に掲げる事項について確認を行うものとする。
一. 当該労働者の勤務の状況
二. 当該労働者の疲労の蓄積の状況
三. 前号に掲げるもののほか、当該労働者の心身の状況

労働者の希望する医師による面接指導の証明

第五十二条の五 法第六十六条の八第二項 ただし書の書面は、当該労働者の受けた面接指導について、次に掲げる事項を記載したものでなければならない。
一. 実施年月日
二. 当該労働者の氏名
三. 面接指導を行つた医師の氏名
四. 当該労働者の疲労の蓄積の状況
五. 前号に掲げるもののほか、当該労働者の心身の状況

面接指導結果の記録の作成

第五十二条の六 事業者は、面接指導(法第六十六条の八第二項 ただし書の場合において当該労働者が受けた面接指導を含む。次条において同じ。)の結果に基づき、当該面接指導の結果の記録を作成して、これを五年間保存しなければならない。
2. 前項の記録は、前条各号に掲げる事項及び法第六十六条の八第四項 の規定による医師の意見を記載したものでなければならない。

以上です。
これらの点を簡単にまとめると、以下のようなことになるのではないでしょうか。

まとめ

面談での聴取内容は、
・最近の業務について、何が原因で長時間勤務となったのか。
・現状の疲労蓄積状況はどうか、それによって心身に何か不調が出ていないか。
を必ず聞く。

さらには、面談を実施したと証明するために書類を作成し、
・上記の面談内容
・面談実施を行った1) 年月日、2) 面談対象者の氏名、3) 医師名
を盛り込んだ内容とする、ということですね。

この書類に関しては、5年は保存する必要があり、なおかつ「医師の意見」を記載する必要がある、ということです。

フォーマットとしては、厚労省の「長時間労働者、高ストレス者の面接指導に関する報告書・意見書作成マニュアル」のページにあります、「医師が作成する報告書・意見書の様式」をご参考にしていただければと思われます


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。