産業医による、長時間労働者に対する面接指導対象が「月80時間超」の根拠は何か?

特に大企業にお勤めの産業医ですと、毎月のように長時間労働を行った労働者に対する面接、いわゆる「長時間労働者面談」を行うこともあるのではないでしょうか。

この「長時間労働者面談」を行う根拠としては、「労働安全衛生規則」に書かれています。「どのぐらい残業したら、長時間?」ということに関しては、以下の通りです。

第五十二条の二:法第六十六条の八第一項 の厚生労働省令で定める要件は、休憩時間を除き一週間当たり四十時間を超えて労働させた場合におけるその超えた時間が一月当たり百時間を超え、かつ、疲労の蓄積が認められる者であることとする。
ただし、次項の期日前一月以内に法第六十六条の八第一項 に規定する面接指導(以下この節において「面接指導」という。)を受けた労働者その他これに類する労働者であつて面接指導を受ける必要がないと医師が認めたものを除く。
2. 前項の超えた時間の算定は、毎月一回以上、一定の期日を定めて行わなければならない。

要は、「休憩時間を除き一週間当たり四十時間を超え」「一月当たり百時間を超え、かつ、疲労の蓄積が認められる者」が対象者となっています。なお、「1週間40時間」の根拠は、労働基準法に定められています。

このように、100時間超えは面接指導の対象となるのは分かります。一方で、「80時間超えを連続2ヶ月で面接指導」としている企業もあります。ですが、「労働安全衛生規則」に「80時間超え」の記載はありません。

こちらは何を根拠にしているのかというと、厚生労働省労働基準局の通達「脳血管疾患及び虚血性心疾患等(負傷に起因するものを除く。)の認定基準について」に基づいているとされます。

さらに、厚労省の「長時間労働者への医師による面接指導制度について」に努力義務として、「時間外・休日労働時間1月当たり80時間超」の労働者に対して、面接指導を行うように、と書かれています。

さらに「事業場において基準を設定するにあたって」の項目には、「時間外・休日労働時間が月100時間または2~6月平均で月80時間を超えた場合」と書かれており、この基準に則っている企業が多いようですね。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。