産業医研修会「自治医科大・日本医科大・産業医科大」の研修費用・日数/スケジュール・定員比較

産業医になるためには、労働衛生コンサルタントの資格を持っていたり、産業医科大などを卒業していない場合、研修会に参加して単位を集める必要があります。

コツコツと集めていくのもいいですが、産業医になるために時間がかかりますし、あまり効率が良いとは言えないでしょう。やはり、集中講義で単位を集められる「産業医研修会」を受けてしまうのが手っ取り早いと思います。

有名なのが「自治医科大・日本医科大・産業医科大」の産業医研修会ですが、今回はその研修費用・日数/スケジュール・定員の比較を行いたいと思います。

比較表は、以下の通りです。

産業医科大 日本医科大 自治医科大
研修費用 8万円 5万2千円 6万円
研修日数 6日間 7日間 6日間
スケジュール(2017年度参考) 年2回開催
1回目:7/24-29
2回目:7/31-8/5
9/2,3
10/7,8,9
11/3,4
前半:8/26-28
後半;9/16-18
定員 500名(トータル1,000名) 200名 160名
補足 定員が最多で参加しやすい。時期に関係なくWebから予約登録可能。 ・日本医科大医師会員、東京都医師会員などは割引あり。
・特定日の受講は不可。月ごとの受講は可能。
・特定日の受講も可能。1日1万円換算。

必要なコマ数は決まってるので、講座自体の時間数はどこでも変わらないと思われます。しかし、必要な費用やスケジュールなどはかなり異なっていますね。

さらに、関東在住ですと、産業医大となると飛行機代や宿泊費も必要ですから、費用はかなりかかってしまうという難点もあります。ただ、産業医科大ということもあり、産業医としての業務に即役立つ知識が講義で得られると思われます。また、定員も多く、参加しやすいという点もありがたいですね。

一方、研修費面だけでいうと、日本医大が最も安く抑えられます(医師会に登録していると、さらにお得です)。ただ、スケジュール的に3ヶ月かかってしまうのが難点でしょうか。

それぞれ一長一短はありますので、ご都合や予算に合わせていただければと存じます。

補足

「獨協医科大学」も産業医研修会を開いておられます。

研修費用は5万4千円(昼食付き)、2017年度のスケジュールは、8/20,27、9/3,10,17,18の6日間。すべて日曜・祝日なのがありがたいですね。定員は200名です。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。