医局を辞めた後のトラブル-手のひらを返す医局員も

医局を辞めた後、学会で再会した医局員に無視されるようなことがあった、という方がいます。医局に所属していた時代は、ある程度親しくしていたのに、挨拶しても「いなかったこと」にされているかのようで、無視。そのことを気にされてしまう先生もいらっしゃるようです。

さすがに、旧来の医局の力が強かった時代ではありませんから、「再就職を妨害する」「開業後に紹介患者を受けてくれない」などといったことはないようですが、「いなかったことに」される程度はあるようです。あとは「今まできていた年賀状が、パタッとこなくなった」ということも。

ただ、医局費・同門会費はしっかりと請求され、「なぜか今も払ってる。それだけが繋がり」という方もいらっしゃるようですね(笑)

結局のところは辞め方次第というところもあって、各方面に筋を通すと、円満に辞められるようですが、なかなかそれも難しいものですね。「辞めたい」と思うのは、それ相応の理由があってですから。

いずれにせよ、医局を辞める上では、「未練」を断ち切る必要があります。今までの人間関係がそのまま存続するとは考えないほうが良さそうですね。新たな第一歩を踏み出す上で、「別の世界で生きていくんだ」としっかりと思うことが必要なようです。

ただ、もともと医局の中で「一匹狼」ならば、それほど気にすることはないでしょうけども、仲がよかった人がいて、その人との関係が変わってしまうのはツライでしょうから、関係を残しておきたい人は、事前に話をしておいたり、「急に辞めた」という印象はもたれないようにしたいものですね。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。