産業医が「癌治療で通院しつつ勤務継続を望む社員」との関わりで思うこと【産業医マニュアル】

癌治療と一口に言っても、「はい、手術して終わり」という治療もあれば、「術後、抗がん剤治療が必要」「再発して、抗がん剤が必要になった」というような治療が必要になることもあります。

一昔前でしたら、「癌=不治の病」で、余命いくばくもない、働くことなんかとんでもないといった印象を持たれていましたが、昨今ですと、厚労省の「治療と職業生活の両立支援についての取り組み」といった取り組みもあり、ややその意識は変わりつつあるように思います。

一方で、やはり無理をして治療に差し障りがあるのは社員としても、企業としても困ったことになりますので、本人と主治医意見を反映しつつ、「どこまで働くことができるのか」というラインをあらかじめ決めておくことが必要になるかと思われます。

ただ、社員は「自分はまだまだ働ける」と思っていながら、いざ治療が始まって「抗がん剤で食欲がなくなって、体力が落ちてしまい…」ということになってしまったり、「肺癌の術後、息切れが酷くなってしまい…」といったこともありえますので、やはり産業医面談をしてまたラインの引き直しを検討するといったことも必要だと思います。

企業側の対応としては、フルタイムで勤務することが困難ということでしたら、パートタイム勤務といった変更が必要でしょうし、治療のスケジュールを企業側も把握しておくことや、治療中のトラブル(よくあるのが抗がん剤による白血球減少や、それにともなう感染症など)で急に仕事に穴が開くことも想定して対応できる体制作りといったことも必要になってくると思われます。

ただ、こうした対応一つをとってみても、フレキシブルに対応できる企業とできない企業があるでしょうし、また、その社員の貢献度によって企業側も「そこまで対応できないよ」と判断することもあると思われます。そこらへんのさじ加減を、仲介役としてどう折り合いをつけるのかといったことも産業医の腕の見せどころのように思います。

こうしたケースですと、やはり私も「内科医で、ある程度癌治療の経験があってよかった」と思った次第です。

もし産業医になろうかとお考えで、こうした治療と働くことの両立といったことにご興味がありましたら、私も臨床医→産業医になる際の転職でお世話になった「リクルートドクターズキャリア」や、その後の転職で並行してお世話になった「エムスリーキャリア」といった人材紹介会社の転職エージェントにご相談いただいてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。