「ドロッポ医(泥医)マインド」を持ちながら産業医になると行き詰まる3つの理由【産業医転職】

「常勤の臨床医を続けるのがしんどいからドロッポ医になる」(「ドロッポ医師」が誕生するまでの3ステップ-きっとあなたはまだ踏み止まれる)という方もいますが、「臨床医が務まらないから産業医になる」という方もおられます。

実際、私も臨床医がほとほと向いてないと思いつつ産業医になった口ですので、そんな偉そうなことは言えませんが、こうした「ドロッポ医(泥医)マインド」を持ちながら産業医になると、行き詰まる可能性があります。

その理由としては、以下のようなものが挙げられます。

正社員ではなく「嘱託契約」がほとんどであるから

臨床医ですと、病院の正社員として勤務することがほとんどですが、産業医は「1年ごとに更新する」という嘱託契約がほとんどです。

つまりは、あまりに仕事を舐めていたりしますと、「あ、コイツはダメだ」と見限られ、「もう契約更新しません」という事態に陥る可能性があります。この点、民間企業は病院以上に厳しいです。

ですので、企業の求める役割はきっちりこなし、知識・経験のある程度ある「使える産業医」であり続ける必要があります。

「勤務し続ける」ことの難しさ

産業医は当直・オンコール・深夜呼び出しもなく、「臨床医よりは身体的に楽」と思うかもしれませんが、それでも毎平日にきっちりと勤務し続ける必要があります。

この点、産業医学や産業医という仕事に興味・関心が持てない人ですと、勤務自体が苦痛になる可能性があります。そのため、やはりある程度の「適性」というものが必要になると思われます。

求められる「コミュニケーション」

産業医として、社員・上司、人事労務担当者、保健師…と、様々な方と携わり、報告・連絡・相談などを行う必要があります。

この点、いい加減に勤務していると上手くできない可能性があります。結果として「使えない産業医」のレッテルを貼られてしまう可能性があります。そのため、コミュニケーションを密にとっておく必要があります。

以上です。
ただ、産業医をやってみますと、臨床とは異なる産業医という業務の難しさ、楽しさを味わうことができると思います。もしご興味がありましたら、ぜひ「リクルートドクターズキャリア」や、「エムスリーキャリア」といった転職支援会社の転職エージェントのご相談の上、飛び込んでみてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。