あなたの転職活動、バレてますよ-明るみになってしまう医師のうっかり行動3パターン

スポンサーリンク

転職活動を行う際、出来る限りそのことは秘密にしておきたいもの。というのも、まだ転職するかどうか決めておらず、「とりあえず情報収集や、面接を受けに行く」という段階なら、まだ引き返す可能性もあるわけですからね。

ですが、うっかりとした行動でバレてしまうということがあります。特に、バレやすい行動として、今回は3つの多いパターンについて書いてみたいと思います。

「バレていないはず」と思っているのは本人だけ、という事態を避けるため、気をつけてみてはいかがでしょうか。

1) 転職サイトを見ているのを発見される

最も多いのが、転職サイトを見ていることではないでしょうか。特に最近は、スマホで求人情報を見ていたり、もしくは人材紹介会社からのメールをこまめにみている、などはバレやすいです。

慣れてくると、カンファ中にコッソリ…などと見てしまいがちですが、できるかぎり他の人に見られないように注意しましょう。できることなら、昼休み中、誰もいないようなところでコッソリ見る、自宅で見る、といったことを徹底しましょう。

2) クラークや看護師に話をしてしまう

「人の口に戸は立てられぬ」とはよく言ったもので、上司や同僚に言わなければ大丈夫だろう、と思っていても、その他のクラークさんや看護師さんなどについつい話をしてしまってバレてしまう、ということがあります。

そこで、秘密にしておくためには、病院関係者には絶対に言わないようにすべきだと考えられます。酔った席でも、口にチャック。愚痴まじりにポロっと…などということもないようにしましょう。

3) SNSからの漏洩

ツイッターやフェイスブックなどからも漏れます。友達限定公開にしていたとしても、そこから伝わらないとも限りません。

SNSも公共の場であると肝に銘じ、秘密にしておきたいことは、絶対に書かないようにしましょう。また、SNSを求人先の病院も見ている可能性があります。うっかり今の勤め先の愚痴や悪口などを書かないように気をつけましょう。

以上です。
また、自分で求人先にアプローチをしていると、相手先からの電話応対などもあり、バレる原因ともなりえます。基本、メール連絡にしてくれる「リクルートドクターズキャリア」などの人材紹介会社を利用すると、バレるリスクを軽減することができるかも知れませんね。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

医師就職・転職情報
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました