あなたの転職活動、バレてますよ-明るみになってしまう医師のうっかり行動3パターン

転職活動を行う際、出来る限りそのことは秘密にしておきたいもの。というのも、まだ転職するかどうか決めておらず、「とりあえず情報収集や、面接を受けに行く」という段階なら、まだ引き返す可能性もあるわけですからね。

ですが、うっかりとした行動でバレてしまうということがあります。特に、バレやすい行動として、今回は3つの多いパターンについて書いてみたいと思います。

「バレていないはず」と思っているのは本人だけ、という事態を避けるため、気をつけてみてはいかがでしょうか。

1) 転職サイトを見ているのを発見される

最も多いのが、転職サイトを見ていることではないでしょうか。特に最近は、スマホで求人情報を見ていたり、もしくは人材紹介会社からのメールをこまめにみている、などはバレやすいです。

慣れてくると、カンファ中にコッソリ…などと見てしまいがちですが、できるかぎり他の人に見られないように注意しましょう。できることなら、昼休み中、誰もいないようなところでコッソリ見る、自宅で見る、といったことを徹底しましょう。

2) クラークや看護師に話をしてしまう

「人の口に戸は立てられぬ」とはよく言ったもので、上司や同僚に言わなければ大丈夫だろう、と思っていても、その他のクラークさんや看護師さんなどについつい話をしてしまってバレてしまう、ということがあります。

そこで、秘密にしておくためには、病院関係者には絶対に言わないようにすべきだと考えられます。酔った席でも、口にチャック。愚痴まじりにポロっと…などということもないようにしましょう。

3) SNSからの漏洩

ツイッターやフェイスブックなどからも漏れます。友達限定公開にしていたとしても、そこから伝わらないとも限りません。

SNSも公共の場であると肝に銘じ、秘密にしておきたいことは、絶対に書かないようにしましょう。また、SNSを求人先の病院も見ている可能性があります。うっかり今の勤め先の愚痴や悪口などを書かないように気をつけましょう。

以上です。
また、自分で求人先にアプローチをしていると、相手先からの電話応対などもあり、バレる原因ともなりえます。基本、メール連絡にしてくれる「リクルートドクターズキャリア」などの人材紹介会社を利用すると、バレるリスクを軽減することができるかも知れませんね。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。