後期研修でドロップアウトしていい医師、しちゃいけない医師の違い

私は後期研修医でドロップアウトして、現在は産業医として勤務しています。そこで思うのは、後期研修医(現在の専攻医)でドロップアウトしていい人と、しちゃいけない人の違いがあるな、ということです。

私はこのような記事を書いており、

「専攻医/後期研修医をやめて産業医」になろうと考えている若手医師への5つのアドバイス
私自身、専門医資格の取得もできていない内に後期研修医をドロップアウトしています。ですので、同じような道を辿ろうとしている人たちの気持ちは痛いほど分かります。 当時のことを今から振り返れば、「こうしておけばよかったな…」という後悔もあり...
私が「後期研修医(専攻医)からドロップアウト」した結果【医師転職】
私は内科系の後期研修中、勤務していた病院を退職しました。この時点で内科認定医の資格は取得しましたが、専門医資格は取得していません。 他の病院に勤務して、改めて後期研修のやり直しを行うこともできたでしょうけども、そうはせずにしばらくのバ...

実際、「専攻医を辞めようと思ってるんですけど」「専攻医を辞めて、産業医になろうと思ってるんですが、どう思いますか?」といった相談を受けることもあります。

そのような相談で、アドバイスする上で相談者にいくつか質問をしていますが、それこそがドロップアウトしていい医師と、しちゃいけない医師の違いかなと思っています。今回の記事では、その違いについて書いてみたいと思います。

あなたにとって仕事って何?

専攻医/後期研修医をドロップアウトするにしても、それぞれ色々な理由があるのではないかと思っています。「研修がとにかく辛くて」「体力的に無理そう」「人間関係が無理」などです。

私は「勤務医として働くこと自体が苦痛」という状態でした。当直やオンコールが嫌ですし、定時を過ぎてからスタートして延々と続くカンファレンスにイライラしっぱなしでした。時間外の病院からの問い合わせの電話が鳴ると、思わず舌打ちしてしまっていました。

つまりは、私の場合「できれば臨床医、もっと言えば勤務医として働きたくない。働くこと自体も給料をもらうためであり、時間外まで働きたくない」ということが本音としてあります。

一方で、「働くことが人生の生きがい」「人生の中心は仕事」という方もおられます。そのような方は、やはりどんな形であれ、医師としてのキャリアアップを目指すべきであると思います。

「医師という仕事」へのこだわりはどの程度?

ドクターの中には、「医師」という仕事にこだわりを持ち、臨床医であることにプライドをお持ちの方もおられます。

そのような人は、やはり今の専攻医/後期研修医としての研修以外の形でもいいですから、臨床医としてのキャリアアップを図れる道を探った方がよろしいかと思います。

一方で、私のように「臨床医であることこだわりはない。やりたくないことはせずに、無理のない仕事を続けて食い扶持が稼げればいい」という考えでしたら、それは専攻医/後期研修医であることにさっさと見切りをつけてストレスから解放されることも選択肢の一つだと思います。

専門医資格を取得しても、それはゴールではなく勤務医として働き続けることですしね。開業したとしても、そこから勤務医とは異なる苦労の連続だと思います。恐らく私はいずれでも耐えきれなかったと思います。

リスクをどの程度許容できるか?

ただ、ドロップアウトすることにはリスクも伴います。産業医になるにしても、「嘱託契約」であり1年更新という不安定さがあります。

また、ドロッポ医として働くにしても常勤医師よりクビは切られやすい可能性がりますし、「専門医資格がない、なおかつドロッポ医を続けてきた」ことで、「今から常勤医になりたい」と思っても、転職の幅が狭まることもありえます。

また、都心部では特にそうですが、「医師余剰」の時代が来た時、きちんとキャリアアップをしてきた医師と比較して割を食う可能性も否定はできません。

こうしたいくつもの「かもしれない」というリスクを挙げたら切りはないですけれども、どの程度許容できるかにかかってくると思います。

私は常勤の勤務医とくらべて、「産業医+非常勤バイト」というかなり不安定な働き方をしていますが、それも自由(週3日の短時間勤務+1日バイト、残業なし)や、ストレスから解放された働き方をする代償であると割り切っています。

以上です。
まとめますと、

・あなたにとって仕事って何?
・「医師という仕事」へのこだわりはどの程度?
・リスクをどの程度許容できるか?

この3点を自分自身へ投げかけてみて、ドロップアウトするかどうかお考えいただいてはいかがでしょうか。

なお、いずれにせよ、「転職しよう」ということでしたら、やはり良き相談者がそばにいた方がいいと思います(特に未経験で産業医になろうなどという場合)。

リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアの転職エージェントに相談することで、無料で求人紹介や転職活動のサポートをしてもらえますので、お問い合わせいただいてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました