病院の医師採用、およそ半数の施設が民間職業紹介会社を利用していると判明

日本医師会による、全国の病院を対象に実施した必要医師数調査の結果が7月29日に発表されました。この結果によると、興味深い数字が明らかとなりました。

医師の採用について、よく利用する方法を最大3つまで選択する形式で聞いた質問によると、以下の順位だったそうです。

1位 大学(医局等)へ依頼 75.1%
2位 民間職業紹介事業者 46.9%
3位 直接採用(個人的に依頼、縁故) 44.2%

病院側としては、大学(医局等)へ依頼する一方、民間職業紹介事業者に依頼していると考えられます。大学側への要請で充足することは少なく、およそ半数の病院などは民間職業紹介事業者に依頼しているということですね。

さて、これを多いと見るか、少ないと見るかですが、一昔前に比べれば、確実に多くなっていると考えるべきでしょう。

病院側としても、民間職業紹介事業者に依頼を行い、その中から選定を行うことが普通になっているということですね。「医局の外から応募するのは、どう思われるんだろう…」と二の足を踏んで、なかなか転職活動できないという方にとっても、少し気が楽になる結果ではないでしょうか。

もはや、民間職業紹介会社に登録し、キャリアエージェントとともに転職活動が一般的になりつつある時代であり、今後もその傾向は強くなるでしょう。初期研修から市中病院で、医局に一度も所属したことのない先生方というのは、これからも多くなると考えられますから、その傾向も納得がいくはずです。

転職をお考えの先生方、まずは
エムスリーキャリア
リクルートドクターズキャリア
JMC
MC-ドクターズネット
などの民間職業紹介会社に登録を行い、その中でキャリアエージェントとともに転職活動を勧められてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。