「臨床医でいられなかった」産業医の私が思う「臨床医であり続けることの凄さ」【医師転職】

語弊がある言い方で、「けしからん」とおっしゃられる方もおられるかもしれませんが、私は「臨床医でいられなかった」という負い目を持ちつつ産業医という仕事をやっている部分があります。

臨床医であり続けることに限界を感じ、いわば「ドロップアウトして」産業医という仕事に辿り着いたという認識は今も変わらずあるため、今もなお臨床医として働いていらっしゃる先生方にはリスペクトを持っております。

ですので、たまにツイッターなどで見かける「まだ臨床医やってるのwww」といったツイートを見かけると、「なんでそんなことが言えるんだろうか?」と疑問に思っております。

そもそも、なぜ私が臨床医であり続けることができなかったのかというと、以下のような理由があります。

「臨床医」としての働き方

私が後期研修医として勤務していた頃、週に2回、定時を超えてから始まるカンファレンスがありました。私の所属する科の医師全員が、受け持ち患者全てについて、診断や治療についての進捗状況を確認しており、毎週9時過ぎになってようやく解放という状態でした。

さらには、当直後の勤務や、時間外呼び出しなどなど、長時間に渡る勤務についても、私は耐えきれなかったということがあります。

また、自宅に戻った後も、「いつ電話が鳴るんだろうか…」と思って何度も着信履歴を確認してしまうなど、今で言う「つながらない権利」のない生活にも非常にストレスを感じていました。

院内の複雑な人間関係

病院内には様々な職種、立場の方がおられ、そうした複雑な人間関係の中に身をおいて、上手くやっていく必要があるわけですが、そうしたことが私にとっては難しかったわけです。

さらには、飲みの席が苦手で、そうした機会を利用して人間関係を構築するといったことができなかったことも、上司・先輩たちと関係を築くことができなかった問題点だったように思います。また、基本的に体育会系・縦社会である世界に馴染めなかったことも問題であったと思います。

結果、医長に仕事が辛いことも打ち明けられず、話し合うこともできずに退職することとなってしまいました。

ストレス耐性の低さ

学生時代は部活動もやっておらず、学校・予備校・自宅の往復という生活を送っておりました。大学に入っても、家庭教師のバイトが加わるぐらいのもので、いわゆる社会の荒波に揉まれたりすることがありませんでした。

結果、初期研修医となってからというもの、仕事に対して強いストレスを感じることとなりました。後期研修に突入してもそれは変わらず、上記のような人間関係や業務負荷の高い世界に居続けることができなかったのだと思います。

元々のストレス耐性が弱く、その後もその耐性はあまり強くなることができず、結果として臨床医をドロップアウトするに至ったように思います。

以上です。
こうしたことに耐え、日々の業務に当たられている臨床医の先生方には頭が下がる思いです。

ただ、その一方で、このようなことに耐えきれない方々もやはり一定数おられるのではないでしょうか。そのような方々には、「私を見てください。なんとか医療界の末席で踏みとどまって働けていますよ」とお伝えできればと思っております。

もし「臨床医はもう無理…」とお思いの後期研修医・専攻医の方々、ご自身にとって働きやすい環境の仕事があるかもしれません。リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどにご登録の上、転職エージェントにご相談いただいてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。