30年で様変わりした医師の転職事情-ネット普及やポスト不足で40代・50代医師も転職してます

日経メディカル「ネットで医師の転職スタイルは様変わりした」で、医師の転職サポートを行う(株)メディカルビジョンの米満裕樹氏のインタビュー記事が掲載されています。

30年ほど前ですと、医局を離れるとなると、「やむにやまれぬ事情」がある方だけだったようです。医局の力が強く、離れるにはよほどの決断力が必要だったわけですね。ですが、医局の力が弱まるのに伴い、さらには98年の有料職業紹介事業の規制緩和、2004年の新医師臨床研修制度が実施され、2009年頃から活発化していったようです。

「特殊な事情の人」が主体であった医師転職が、もはや「普通の医師」主体のものになりつつあるようです。さらには、インターネットのインフラ整備、スマホの普及に伴い、ネット上で転職活動が完結するようになり、手軽さから「転職してみよう」と思う人が増えている理由になっているようですね。

人材は固定化するのではなく、流動化する動きが活性化し、「良い求人」から埋まっていってしまうという状況になると考えられます。もし転職を少しでもお考えならば、人材紹介会社に登録し、日頃から求人情報に目を光らせておくことが、重要ですね。

と言っても、単にネットで情報が得られるので、それほど苦労する必要もないでしょう。また、最近ですと「電話ではなく、メールで対応してください」という先生も多いので、キャリアエージェントも心得ています。いちいち電話応対しなくてもいいというのは、さらにハードルを下げることになるでしょうね。

良い転職するには、情報戦に勝利する必要があります。「エムスリーキャリア」や「リクルートドクターズキャリア」などの複数の人材紹介会社に登録し、求人情報を集めてみてはいかがでしょうか。また、現在では40代以上限定の「40代50代60代の医師転職ドットコム」といった人材紹介会社もあります。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。