臨床医が「産業医を経験する」ことのメリットとは?【医師転職】

産業医になったとしても、そこから臨床医へと戻る方もおられます。実際、元々は内科医でしたが、産業医になってメンタルヘルスの重要性に気づき、精神科医へと転科したというドクターもいます。

また、別の方は「産業医はやってみたけど、性に合わなくて臨床医に戻る」ということで、産業医をお辞めになっています。ですので、もし臨床医の先生で「臨床医をやってみたいけど…」と思っておられるようでしたら、実際にやってみたらいいのに、と私としては思うわけです。

私が後期研修医だった頃、癌で外来化学療法をされておられた患者さんがおり、「それでも働きたいんです」とおっしゃっている方がおり、正直、「いや、大病しつつ働くのは…どうなんだろうか?」と思っておりました。

しかしながら産業医として、癌患者でありながら勤務されておられる社員さんをサポートしていく内に、経済的な意味だけではなく、「働きたい」と思われる方々の気持ちも理解できるようになっていきました。また、産業医として「主治医にどのようなサポートを求めたいのか」ということが分かり、外来診療でも役立っていると思います。

実際に産業医をやってみますと、「産業医の視点」が臨床医の視点に加わり、より広い範囲が見えるようになったと思います。「病気を治す」ことだけでなく、働き、日常生活を送る患者さんにどう接したらいいのか、より理解できるようになったのではないでしょうか。

だからこそ、「産業医を経験する」ことは臨床医にとってもプラスになりますし、30代までの比較的若い年齢で産業医になってみることはとても有意義なことだと思います(自戒の意味を込めて、臨床に戻りやすくする上でも、専門医資格を取得しておくことをオススメしたいですが)。

もし現在、臨床医で「産業医をやってみたい」ということでしたら、ぜひとも経験してみてはいかがでしょうか。ただ、未経験で常勤産業医になるのはなかなか困難であるため、リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントにご相談されることをオススメしたいと思います。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。