給料upを望むも、現実は頭打ち…そんな時にこそオススメな「週4日勤務、バイト可」の勤務先【医師転職】

スポンサーリンク

東京女子医科大学の医師が大量退職した引き金となった背景に、「研究日の廃止」があったと言われているそうです(スクープ!東京女子医大で医師100人超が退職)。

外勤を辞めた場合、「週39時間」勤務とみなされ、今まで通りの大学病院から支給される給料が支払われるようになっていましたが、外勤を続けると「週32時間」とみなされたそうです。いずれにせよ大幅な給料減となり、今回のような医師大量退職に繋がったようです。

大学病院に勤務するとなると、やはり「外勤、非常勤バイト」が生命線となっているわけで、それを断ってしまうというのは多くの医師の反発を招いたという結果になったということですね。

大学病院だけでなく、公立・民間病院でも「バイト可か否か、研究日があるか否か」というところは分かれるところだと思います。ですので、「バイトができるのか、研究日があるのか」という点は、常勤先を選ぶ上で重要なことだと思います。

昨今、病院の収益も厳しいところが多く、転職したとしても「今より給料アップを」と望んでも叶わないということも多いと思われます。現状維持ならまだしも、下手すると転職で給料ダウンをしてしまう可能性もあります。

常勤での給料アップを望むというよりは、「週4日勤務、外勤可」という勤務先を探して、「常勤と非常勤、トータルでの給料アップ」を狙った方が現実的であると思われます。
そのような条件での常勤先求人、そして割のいい非常勤バイトについては、リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアにご登録の上、相談されれば紹介していただけると思いますので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

医師転職と年収・待遇
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました