医師の採用面接で効果的に「アピール」する方法とは

スポンサーリンク

今まで医師としてどれほど実績を積み重ねていようが、採用面接の場で自己プレゼンが上手くいきませんと相手に伝わらずに「よく分からない人」という印象を持たれてしまう可能性があります。

今までどんな仕事をしてきたのか、どんなことで新たな職場に貢献できるのかを伝えるためには、やはり事前に準備が必要です。

まずは日々、どのような仕事をしているのか書き出してみましょう。その時、「数字」を意識するようにするといいです。

外来で一日、一コマあたりに何人を診療しているのか、どのような疾患に対応しているのか。当直やオンコールは月に何回行っているのか、入院患者は平均して何人ほど受け取っているのか、内視鏡検査は一日何人対応できるのか…などなど、具体的に数字で語れることはそれだけで強みになりますし、イメージしやすくなります。

また、雇う側の立場に立ってみて、「この人はどのように貢献してくれるのか」という視点で語れることも意識しておいた方がいいです。

当然、この点は先方のニーズもありますので、それを踏まえた上で「それなら現職場でもこのような仕事をしていましたので、対応させていただきます」といった伝え方をすれば効果的であると思います。

こちらも今までどのような仕事をしてきたのか、しっかりまとめておかないと答えることは難しいと思いますので、事前に箇条書きにしておきましょう。

また、やはり個々の病院の事情は異なり、どのようなニーズがあるかについては、できればリクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリア医師バイトドットコムなどの転職エージェントに相談して聞いておくことをオススメしたいと思います。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

面接対策
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました