「どのような条件なら働けるのか?」という視点を置き去りにしてしまうと転職活動は苦しいものになると思う理由【医師転職】

スポンサーリンク

転職活動を考える上で、「キャリアデザインが重要で、今、自分がどのような位置にいるのか見直しましょう」といったことを言われているため、「将来像、キャリアパス」などをどう描くか、といったことを考え始める方もおられるかもしれません。

もちろん、そうしたキャリアを考えることも重要だと思います。ただ、「理想は理想」であり、かなり自分とは乖離した理想像を描いてしまうこともあるのではないでしょうか。そうなるとかなり苦しい条件で働かざるを得ない、ということもあると思うのです。

また、「年収はこれぐらい欲しい…求人でいうとこういう業務内容・条件か。なら、この仕事をしなきゃな」と逆算して決めることもあるかもしれません。ただ、実際にその条件や業務内容で働き続けることができるのでしょうか。

とかく臨床医の場合、ハードワークとなることも十分に考えられます。そこでまず、「どのような条件なら働けるのか?」という視点で考えることも大事だと思います。もちろん、「その条件では求人がありません…」ということもありますが、その時は徐々に譲歩してすり合わせをしていけばいいのではないでしょうか。

転職エージェントと初めて面談をする際、どうも私は「これはできない、あれはやりたくない…」と言うのは恥ずかしいと思って、あまり正直に打ち明けることができませんでしたが、実はこうした要望は求人を選定する上でとても大事なことです。「もう当直やオンコールに疲れてしまって…」という本音の部分を打ち明けることも転職活動においてはとても大事なことだと思うのです。

もしこれから転職活動ということでしたら、「どのような条件なら働けるのか?」といったことをまずは振り返って考えてみて、リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアに本音の部分をぶつけてみることから始めてみるのもよろしいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

医師転職の基本
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました