医師が「年収2千万円」を目指す方法-人材紹介会社の求人でよくある4パターン

リクルートドクターズキャリア」や「エムスリーキャリア」などの人材紹介会社では、「年収2千万円以上」のハイクラス求人もあったりします。

果たして、その年収を出して医師を募集する施設はどんなところか、ということですが、その求人を詳しく見てみると、以下のようなものがありました。

1) 在宅医療

転職の候補として、在宅医療を選択する医師はまだまだ少なく、さらには地方で働くということであれば、年収2千万円超えは比較的珍しくないようです。

ただ、在宅医療には在宅医療のスキル、高齢者とのコミュニケーションスキルが必要ということもあり、結構、難しかったりします。ですが、なり手が少なくニーズが多いからこそ、高収入であるという側面がありそうですね。

2) 自由診療

自由診療である美容形成外科や、産婦人科の不妊治療などの求人では、2千万円超えの求人が存在します。特に、インセンティブ制のあるところでは、2.500~3,000万円のようなところもあるようです。

こちらも専門性が高く、門をたたこうとすると、それなりの研修・経験年数が必要ですよね。ただ、こちらも当たれば大きいという部分があり、もしご興味があれば、志してみてはいかがでしょうか。

3) 医師不足の地で救急医療

離島やへき地の診療所の求人も、高額になる傾向があります。中国・四国地方で主要都市からクルマで1時間以上かかるようなところですと、2,000万円はザラです。

ただ、これはかなりの覚悟が入りますし、家族の理解・引越し、もしくは単身赴任といったことが必要になってきます。

4) 常勤+複数のバイト

常勤での勤務を行い、さらには週一回の外来勤務、当直バイトなどを入れると、年収2,000~2,500万円を超える方は多くいらっしゃるようです。

こちらは今までの専門性が活かせるし、へき地に行かずして済みます。労働時間は長くなってしまいますが、一番現実的な方法のように思われます。

以上です。
2,000万円超えは結構難しいとお考えかもしれませんが、探せば2,000万円超えの求人は結構、あります。また、高額バイトの組み合わせによっても実現可能です。もしアルバイト求人をお探しならば、「医師バイトドットコム」や「リクルートドクターズキャリア」などで御相談なさってはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。