「人脈を武器にする」ことの凄さを見せつけられた超大企業の産業医経験【医師転職】

全国で1万5千人以上の社員を抱える超大手企業に勤務したことがあり、そこは統括産業医1名、その他の産業医が3名、保健師4人という体制でした。

私以外の産業医は、大学病院からの派遣という形であり、医局に所属するドクターたちでした。中でも、医局との繋がりが強い女医さんが一人おり、企業側が「一人、嘱託産業医を探していて…」と言えば教授にそのことを伝えて、速やかに決まる、というような状態でした。

本来はそうしたことは年長者でなおかつ同じ医局に所属する統括産業医の先生の仕事のような気がしますが、やや内気で対人関係に消極的な方ということもあり、立ち回り上手い女医さんが一手に引き受けていました。

正直、産業医の実務的な部分は「ん?んん?」という部分が多い方でしたが、まさに「人脈」の広さは凄く、メディアにも多く露出するドクターを講演に呼んで社員を集めたり、コネを活かした恩恵で会社側に貢献していたようです。

実際、私自身はそれなりに産業医としての業務を頑張っていたつもりでしたが、その女医さんのコネを活かした働きの方が「評価」されており、実際に私の業績評価を担当した人事側の課長に、女医さんと比較して「先生も少しは貢献してくださいよ」といったことを直接的に言われたことがあります。

まさしく「人脈を武器にする」といったことはどういったことなのか、というのを見せつけられた気がします。結局、私はそこの馴染めずに3年ちょっとの勤務で転職していますが、良い社会勉強になったと思います。

もちろん、私が馴染めなかったというだけで、水が合うドクターもいると思います。このように、企業のカラーや人間関係によって、合う/合わないというのは分かれてきます。ですので、一社勤務してみて「産業医、合わないなぁ」とは思わず、ぜひ別の企業でリスタート、ということもご検討してみていただければと思います。

その際には、ぜひリクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントにご相談いただき、企業について事前に十分な情報提供をしてもらうことをオススメしたいと思います。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。