「メンタルには自信あり」の人こそ、うつ病になった時のショックは大きいようで【産業医マニュアル】

見た目、かなりの筋骨隆々で「学生時代はラグビーをやってました」という社員さんが産業医面談を受けにこられました。うつ病になったということで、診断書を持参の上、休職するかどうかについての相談をされていました。

どうやら、仕事がかなり多忙な上に奥さんの病気が重なり、ストレスはかなり抱えておられたようです。表情も暗く、「夜も眠れていない。睡眠導入剤を飲んでも夜中に何度も目覚めてしまう」とのこと。

そんな彼は、元々「メンタルに自信」があったようで、かなりのハードワークも乗り越えてきたそうです。ですので、「同僚がうつ病になったと知っても、なぜそんなものになるんだと思っていたし、正直、そんな同僚をバカにしていた」とのこと。

ですが、そんな彼が仕事と家庭、両方のストレスについには押し潰されてしまい、「うつ病になった」ことで非常に落ち込んでいました。自信が砕かれ、処方された内服薬についても「なんで俺がこんなものを飲むことになってるんだ…」とさらに落ち込んだそうです。

月並みですが、「メンタル疾患は誰しもがなる可能性があります。メンタルが強い方であろうと、医者だろうとなる可能性があります。落ち込んでしまう気持ちも分かりますが、まずはしっかりとお休みして充電期間をとりましょう」と提案し、休職に入ることになりました。

「メンタルには自信あり」の人こそ、うつ病になった時のショックは大きく、悲しみもまた深いようです。その点、産業医としてもケアをする必要があるのだと改めて思いました。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。