メンタルヘルスでの休職→復職を成功させる4つのポイント

ビジネスマン向けのブログメディア・BIZ誠ブログに「産業医からみた復職のポイント」が掲載されていました。この中で、メンタルヘルス問題で休職された方が、復職を成功させるための4つのポイントについて記載されていました。

754d2fe9

1) 上司との連携、定期的な話し合い

復職で一番大きい役割を示すのは、上司の方です。
復職された本人の業務を把握している上司が、病気についてしっかりと理解を示してしていることが、スムーズな復帰に欠かせません。

その上で、仕事の進め方、分量、進捗などを定期的に上司と確認する場を作ることが大切です。

上司としても本人が相談しやすい環境をつくることが大事で、「いつでも相談に乗ってくれていいよ」と言いながら、いつも忙しそうにしていたりしないかなど、お気をつけていただれば、と思われます。

2) 本人の病状把握・セルフモニタリング

本人が、病状を把握し、セルフモニタリングが大切です。初期症状は個人によって異なります。

初期に必ず不眠になる人もいれば、頭痛がひどくなる人など。我慢しすぎず上司に状況をこまめに報告することで、早めの対応につなげられます。

3) 焦らず、着実に仕事に慣れていく

「休職前は、もっと仕事が出来た」という思いに囚われていると危険です。以前の自分に戻ろうとするとするのではなくて、新しい働き方を見つけるという考え方が大切であるということですね。

4) 自己分析

実は、自分で休職に至った経緯や課題について、自らで物語を語れる人は、復職がうまくいくそうです。そこで、
・休業前の自分はどのような様子だったか。
・休業するきっかけ
・病気での変化
・自分の性格や考え方の特徴
・現在の自分はこうなった、こういう働き方が大事であることに気づいた。
…など。自己理解・分析がしっかりと出来ているということが重要です。

このような4つのポイントを意識することで、復職がスムーズに進むことが考えられます。もし復職する予定の方がおりましたら、ご参考にしていただければ、と存じます。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。