医師が非常勤外来のバイトをクビにならず長らく続けるコツとは【医師バイト】

私も産業医の傍ら、総合病院の非常勤外来のバイトを10年近く続けています。以前のような売りて市場でしたら、大して珍しくもない話でしょうが、コロナ禍ということもあって「クビを切られてしまった」という先生の話を聞いたりしますと、とてもありがたいことなのだと思っております。

さて、今回のタイトルである「クビにならず、長らく続ける」ための方法、言い換えればバイト先での自分の勤務をいかに延命させるかという話ですが、以下のようなポイントがあると思います。

病院・クリニックの「収益」を意識する

時給の高いドクターを、オモシロ半分に雇うなんて病院やクリニックはあるわけもなく、やはり「収益」を上げることを目的としているわけです。

ですので、「患者さん来ないなぁ…暇だなぁ…」という状態は好ましくはなく、新患の受け入れを快く受け入れたり、あるいは長期処方をできるだけやめて定期的に通院・診察をしていただくようにしたり、といったある程度の努力は必要になるかな、と思います。

また、通院患者さんの病状悪化時の対応や、あるいはいつも診ている疾患だけでなく「最近、こんな症状で悩んでいて…」とった時に他科紹介を行うといったことをしっかりと行っていると、「外来離れ」を防げると思います。

接遇・コミュニケーションを意識

昨今、医療も「サービス業」と考える方も増えてきており、病院やクリニックも患者さんへの「接遇」を意識しております。

また、スタッフとのコミュニケーションを重視する、「チーム医療」を意識できる医師も採用条件としているところも多いです。ですので、「キレてすぐ怒鳴る医師」などは当然NGであり、「言葉遣いは丁寧に、接遇もしっかりできて、頼まれた仕事はニコニコやる」という医師が重宝されるということは念頭におかれた方がいいと思います。

「当たり前のハードル」は低めに設定を

常勤先の病院ではできていることが、バイト先では満足にできていない…ということは多々あります。それは常勤先の就労環境が恵まれているということであり、そこでの常識をバイト先に押し付けていいということではありません。

実際、私の勤務先でもSASの解析に非常に時間がかかってしまうことがあったり、機器の故障で「すみません、この検査は今週できません…」なんてことがあったりします。

ですが、そんな時にイライラしたり叱責したりしても仕方がないわけで、「当たり前のハードル」は低めに設定しておいた方がよろしいかと思います。

以上です。
しかしながら、いくら気をつけていても、クビの憂き目に遭ってしまうことはあります。そんな時は、早めに次のバイト先を探しましょう。リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどにご登録の上、希望の条件となる求人があるから、
相談してみましょう。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。