コロナ禍で医師の転職市場にも変化-「転職できない…」に対応する上での3つのポイント【医師転職】

コロナ禍で、影響を強く受けている首都圏では「需要・供給バランス」が変化し、「病院側優位」お買い手市場に傾きつつある傾向があるようです。結果、「今までの転職のやり方では上手くいかない」というケースも出てきつつあるとのこと。

もちろん、「コロナが落ち着くまで少し待つ」というのも一つの手ではあるかもしれませんが、その一方で「今、どうしても転職したいんだよ!」という事情の方もおられるでしょう。

では、そんな時「転職できない…」にどう対応すべきかという問題ですが、私としては以下のような3つのポイントがあると思っております。

希望条件の見直し
特に「年収」については、減収減益の病院も多いため、「今まで通りの強気の希望年収」提示では難色を示されることもあると思います。ですので、ここは病院側の希望と折り合いをつける必要があります。

この点、「で、オタクはおいくら出せるんで?」とはなかなか聞きづらいところでしょうから、リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントに代わりに交渉してもらうのも手だと思います。

また、通勤エリアも見直しをすることも手です。やや通勤時間は長くなってしまうということはありますが、「ちょっと郊外に」とエリアを広げることでも良い求人が見つかることがあるため、検討するに値すると思います。

採用面接対策の重視

今までであれば、「採用面接なんか雑談だろ」と軽視していたかもしれませんが、現在は「人柄重視」ということで、厳しい目で採用可否を判断される可能性があります。

身だしなみを整えていく(髪型・髪色、スーツ・ネクタイ着用など、清潔感があって真面目そうな印象を与えるもの)ことは基本的でありますが、それ以外にも「スタッフとコミュニケーションがとれて、連携がとれる」といったことができるか、そのことを面接中にアピールできるかどうかも重要です。

あるいは、「自分の専門性だけの診療をしたくて、それ以外は一切診たくない」というのはNGです。現在、病院側が求めているのは幅広く診られる「ジェネラリスト」の傾向があり、その点も留意する必要があります。

こうした点、採用面接対策をしっかりとしておくことをオススメします。

焦りは禁物

やはり転職活動をされる方々にとってはコロナ禍というのはまさに受難の時代であり、今、焦って転職してしまうと、「安く買い叩かれてしまう」もしくは「後悔の残る転職」になってしまう可能性が高いと思います。

ですので、ここは勤務を続けながら「希望の求人が現れるまでジッと耐え忍ぶ」ということもある程度は必要だと思います。

もちろん、ただ待っているのではなく、リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントに相談しておき、「希望の求人が出たらすぐ知らせてもらう」ぐらいにはしっかりとコミュニケーションをとっておく必要がありますが、ある程度は「待つ時間」というのは覚悟し、余裕を持って転職活動の期間を見積もっておく必要があるかな、と思われます。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。