透析専門医の資格取得ができる2次救急病院への転科・転職という選択【医師転職】

スポンサーリンク

内科の後期研修中、バイトをしたことのあった「透析専門医(日本透析医学会専門医)」資格取得はどうかと検討したこともありました。

ただ、3次救急病院ですと、内科と同様の轍を踏む可能性がありましたので、「2次救急病院」での研修はどうか、ということですが、リクルートドクターズキャリアでは年収1000万円以上という条件設定でも、全国で37件ヒットします。

なんと言っても、この資格がありますと、選べる求人の幅が広がり、なおかつ年収アップが期待できることもあり、コスパとしては非常に良いと思われます。

業務としても、外来業務が主体であり、入院中の管理やオンコール対応も少ないというメリットがあるのではないでしょうか。また、コロナ禍の影響を受けづらく安定してるとも言えると考えられます。

専攻医で研修中、「やっぱり転科したい」ということでしたら、選択肢の一つとしていれることもよろしいのかな、と思います。

もしご興味がありましたら、リクルートドクターズキャリアにご登録の上、ご相談されてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

医師の転職とキャリア
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました