産業医になるにしても、専攻医(後期研修)には一度なっておいた方がいいと思う理由【医師転職】

後期研修医時代にドロップアウトして産業医になった身としては、あまり大きなことは言えません。ただ、やはり産業医になるにしても、専攻医(後期研修)には一度なっておいた方がいいと思います。

専門医資格を取得すべき、とまでは言いません。たとえドロップアウトしたとしても、専攻医(後期研修)になった方がいいと思うわけです。その理由としては、以下のようなものがあります。

臨床経験不足による諸問題

臨床経験が少なすぎると、「治療の全体像」がイメージできなくて、「今後どう動くべきか」というのが分からずに苦労する可能性があると思います。

たとえば術後に抗がん剤治療を受けている社員さんが、「現在、どのような治療を受けていて、どんなサイクルで今後治療が進んでいるのか」といったことが分からなかったり、あるいは抗がん剤治療によってどのような副作用が起きてくるのか、生活・仕事上でどのようなことに注意したらいいのか…といったことが想像できないというようなことが起きてくるのではないでしょうか。

初期研修医ですと、実際に抗がん剤治療のプランを立てたり、効果を見つつ血球減少などの副作用に注意しながら治療を進めていく…ということを主体的に関わっているというよりは、やはり「見学している」色合いが強いようにも思うのです。

こういった「主体的に治療を進めていき、自ら考えていく」という経験を後期研修でしているか否かの差はやはり大きいのではないでしょうか。

また、こうした全体像が分かっていますと、「主治医は今、こういうことを考えているんだろうな。だとしたら、次の手はこう打ってくるはず」ということも自ずと分かるわけです。そこらへんが分かっていないと、人事に「先生、ぶっちゃけどうなんでしょうか?」と説明を求められた時も、答えに窮してしまうかもしれません。

バイトの選択肢の問題

後期研修ともなりますと、外来デビューなども行っており、そうなりますと「非常勤外来のバイト」などもできるようになるのではないでしょうか。

初期研修のみということになりますと、こうした「バイトの選択肢」が狭まってしまう可能性があると思うわけです。常勤産業医ですと、「病院での1日バイト可」という企業も多くあり、選択肢が多い方が収入アップにつながります。

ひいては「生涯年収」の差にも大きく関わってくると思いますので、この点もできれば後期研修を経験しておいた方がいいと思うわけです。

単純に年齢の問題も

あまりに若年で産業医になりますと、言葉は悪いかもしれませんが「舐められる」可能性もあります。管理職や人事労務担当者などは基本的に年上となり、あまりに年齢差があると「軽く扱われる」可能性あるのかな、と思います。

その点、やはりできれば30代後半ぐらいから産業医になっておいた方が、傷つく場面も少なくなるでしょうし、「話を聞き入れてもらえる」ということも多くなるように思います。

以上です。
もし「初期研修医修了後は産業医になるんだ」とお思いでしたら、上記のようなことも念頭に置いていただけますと幸いです。また、専攻医(後期研修中)に産業医となることを検討中ということでしたら、リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどにご登録の上、転職活動中のガイド役となっていただける転職エージェントにご相談されることをオススメしたいと思います。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。