「一般的な臨床医の勤務」を自分もできる…と思っていた時期もありました【医師転職】

初期研修医時代、先輩たちの仕事ぶりがお手本となっているわけであり、当直、オンコール、あるいは時間外問い合わせ・呼び出しなどのある生活がいつしか「当たり前」と刷り込まれていたように思います。

それから後期研修医となり、やはりそこでも当直、オンコール、時間外問い合わせ・呼び出しが当たり前のように存在し、「これが一般的な臨床医の仕事」であり、医師となったからには自分もできるもんだと思っていました。

ところが、後期研修医になって数年経ち、不眠症状の悪化とともに「あれ?おかしいぞ」と思い始めたわけです。結局のところ、退職して産業医になったところでようやく分かりましたが、「やっぱり自分に、一般的な臨床医の勤務というのは無理だったんだ」と気づかされました。

また、産業医になりますと当直やオンコールはおろか、時間外の電話もほとんどありません。時間外勤務もほぼない状態です。その勤務状況になってみて改めて「やっぱり臨床医に適正ってあるんだな」と実感し、なおかつ「自分もできる…」というのは思い込みあるいは、思い上がりだったのかな、と思った次第です。

もちろん、問題なく臨床医として勤務されている方が大半であり、そのような勤務をできていらっしゃる方へのリスペクトはありますが、そこからはみ出してしまう医師も一定数いるのだと思います。「ドロッポ医」と呼ばれる方々もここに含まれ、私もたまたま産業医という職に巡り合っておりませんでしたら、きっとドロッポ生活を送っていたのではないでしょうか。

「勤務医の適正がないなら産業医になれ」という暴論・極論を言うつもりは全くありませんが、「はみ出してしまったとしても、きっと自分の適正に合った仕事・職場はある」と産業医になった今、改めて思います。実際、当直・オンコールなしの求人というものも存在するわけですし、転科を視野に入れることで、「無理なく臨床医を続けて仕事を行う」ということも可能であると思われます。

もし現在、以前の私のように「この生活は無理だ…」とお嘆きということでしたら、転職をご検討いただいてみてはいかがでしょうか。リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントさんがご相談に乗って下さいますよ。

タイトルとURLをコピーしました