「一般的な臨床医の勤務」を自分もできる…と思っていた時期もありました【医師転職】

初期研修医時代、先輩たちの仕事ぶりがお手本となっているわけであり、当直、オンコール、あるいは時間外問い合わせ・呼び出しなどのある生活がいつしか「当たり前」と刷り込まれていたように思います。

それから後期研修医となり、やはりそこでも当直、オンコール、時間外問い合わせ・呼び出しが当たり前のように存在し、「これが一般的な臨床医の仕事」であり、医師となったからには自分もできるもんだと思っていました。

ところが、後期研修医になって数年経ち、不眠症状の悪化とともに「あれ?おかしいぞ」と思い始めたわけです。結局のところ、退職して産業医になったところでようやく分かりましたが、「やっぱり自分に、一般的な臨床医の勤務というのは無理だったんだ」と気づかされました。

また、産業医になりますと当直やオンコールはおろか、時間外の電話もほとんどありません。時間外勤務もほぼない状態です。その勤務状況になってみて改めて「やっぱり臨床医に適正ってあるんだな」と実感し、なおかつ「自分もできる…」というのは思い込みあるいは、思い上がりだったのかな、と思った次第です。

もちろん、問題なく臨床医として勤務されている方が大半であり、そのような勤務をできていらっしゃる方へのリスペクトはありますが、そこからはみ出してしまう医師も一定数いるのだと思います。「ドロッポ医」と呼ばれる方々もここに含まれ、私もたまたま産業医という職に巡り合っておりませんでしたら、きっとドロッポ生活を送っていたのではないでしょうか。

「勤務医の適正がないなら産業医になれ」という暴論・極論を言うつもりは全くありませんが、「はみ出してしまったとしても、きっと自分の適正に合った仕事・職場はある」と産業医になった今、改めて思います。実際、当直・オンコールなしの求人というものも存在するわけですし、転科を視野に入れることで、「無理なく臨床医を続けて仕事を行う」ということも可能であると思われます。

もし現在、以前の私のように「この生活は無理だ…」とお嘆きということでしたら、転職をご検討いただいてみてはいかがでしょうか。リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントさんがご相談に乗って下さいますよ。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。