常勤産業医として「長く勤務したい」と思って転職する時に確認したい求人票のチェックポイント【医師転職】

常勤産業医で入職する際、基本的には嘱託契約であり、「一年に一回、契約更新について検討される」ということになります。

となりますと、契約更新がされないということもあるわけで、契約打ち切りの憂き目に遭うということもあるわけです。

私も経験ありますが、やはり契約更新がなされないと宣告されるのは辛く、なおかつ転職活動を余儀なくされてしまいます。

では、常勤産業医として長らく勤務するために、転職時にどのような点に気をつけるべきなのか、今回は書いてみたいと思います。

産業医への期待値

求人票に、「企業への積極的な提言をしてくださる方を募集」「社員の健康増進へ提言してくださる方を募集」など、産業医としてのルーティーン業務は最低限で、それ以上の成果を望むと言った企業ですと、産業医への期待値が高いと考えられます。

必然的に産業医を評価する目も厳しくなるわけであり、「使えない」と思われてしまえば切られる可能性も高くなると思われます。

ですので、求人票の内容や採用面接での質問などを踏まえて、「産業医への期待値はいかほどか」ということを考えて、あまりに過大な期待をされているところはやはり避けるべきかな、と思われます。

業績評価による昇給制

年俸が毎年一定の企業もあれば、業績評価による昇給制の企業もあります。どちらがより産業医を厳しい目で評価するかといえば、当然のことながらやはり後者ということになると思われます。

また、業績評価に際しては、自己評価と上席による評価のすり合わせなども必要であり、こうした業績についての自己アピールなどが苦手ですと、それ自体がストレスとなることもあります。

ですので、「昇給がある方がいい」とは思われますが、長らく勤務する上では一定の年俸の方がいいということも考えられそうです。

産業医の入れ替わりが激しいか否か

企業によっては、毎年とは言いませんが、2〜3年ごとに産業医が入れ替わっているようなところもあります。

人間関係か、あるいは業務内容・量などの要因などもあって、自主退職しているケースもあり、やはりこうした企業も長らく勤務するには向かないと思われます。

ただ、こうした情報を企業に直接聞くのはやはり躊躇われますので、センシティブな質問に関しては、やはりはリクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどにご登録の上、転職エージェントにご相談されることをオススメします。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。