「体育会系」になることは結局できず、臨床の現場には結局馴染めなかった私【医師転職】

私の通っていた大学では、学生に対して相談役となってくれる教授が割り当ててもらえるというシステムがありました。しかしながら学生としては、入局したい科であれば別でしょうが、そうでない場合は「たまに集められて挨拶がてら食事をしに行く」といった形骸的な制度となっていました。

私もその食事会に参加することはあっても、ほとんど周りの話を聞いているだけの状態で、そんな時に教授から「君は中学・高校と運動部ではなかったな。それでは今後困るぞ」といった注意を受けました。

おそらく、他の学生が気をきかせて場を盛り上げて会話に参加したり、注文や空いた器の片付けをやっている中、ぼんやりとしている様子を見かねて教授はおっしゃったのだと思われます。

指摘の通り、私は中学・高校と帰宅部で、体育会系の部活とは縁遠い存在でした。さらに言えば大学でも結局何の部活・サークル活動をやっていませんでした。結果、「先輩・後輩の縦社会」を経験しておらず、いわゆる体育会系の作法が全く身についていなかったわけです。

さらにその問題を痛感したのが臨床実習で、そこで如才なく動くことができる同級生を尻目に、私は右往左往、あるいはぼーっとして動けない状況が続いていました。「それではいけない」と思い、初期研修医、後期研修医時代は同期の動きを観察して真似てみる、といったことは行っていましたが、それでも結局は上手くいきませんでした。

そのまま時は流れ、ついぞ「体育会系」にはなることはできず、縦社会の荒波の中では過ごすことができず、臨床の外へと放り出されることになりました。

恐らく大多数の医師は臨床の現場での縦社会や、あるいは場の流れ・空気を察知して動くということができるようになっていくのでしょうが、私はできず、産業医となりました。

もし同様の思いをされている初期研修医、あるいは後期研修医の方々がおられましたら、そんな私でもなんとか生きてはいられておりますので、もし辛い思いをしていたら、「きっとどこか自分に向いた職場があるはずさ」と思っていただければと思います。

その一助として転職を行ってみるという手段がありますが、もしその転職活動でお悩みということでしたら、私も産業医になる上で非常に助けていただいた、リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントにご相談いただくことをオススメしたいと思います。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。