産業医の求人で求められている「3パターンの医師像」について【産業医転職】

産業医の求人で求められている医師像というのは、企業によって異なっていますが、よくよく考えてみると、以下の3パターンに分かれてくるように思います。

・スタートアップ型

・穴埋め型

・問題解決依頼型

さて、これらはどのような「医師像」なのか、そしてどのような医師が応募すべきなのか、今回は書いてみたいと思います。

スタートアップ型

常勤産業医の雇入れが全く初めてという企業の求人が、この「スタートアップ型」に当てはまると思います。今までは嘱託産業医でしたが、「社員数が1000人を超えたため、常勤産業医の雇い入れが必要になった」といったケースがこのタイプです。

休職者の復職にまつわる対応や、健診の判定・受診勧奨、(安全)衛生委員会の運営などなど、一からシステム作りをしていく必要があるため、ある程度の産業医としての経験値が必要です。さすがに「産業医は未経験です」という方が応募するにはハードルが高いと思います。

ただその反面、「一から携われる」という利点があるため、希望も通りやすく、産業医としてはやりがいがあると思われます。

穴埋め型

既に常勤産業医がいて、その産業医が辞める、もしくは契約解除となったために新たな雇入れをする場合がこちらのパターンとなります。

すでに大まかなルール、システム作りがなされており、それらを覚えていくということになると思います。複数の産業医がいるところや、ルール、システムを既に熟知している保健師がいるところも多く、もし産業医未経験という先生であった場合、こうした企業で産業医としての経験を積んでいくことはオススメです。

ただ、人間関係的に複雑になることも多く、合う・合わないがあるかもしれません。入れ替わりが激しいところですと、ちょっと警戒してしまいますね。

問題解決依頼型

産業医に対して、「我社の産業保健分野における、こうした問題を解決してもらいたい」といった要望があらかじめあるタイプの企業です。

問題解決能力、企業側への提案力などが必要となり、やはりある程度の産業医としての経験・知識が必要となります。やりがいもあり、成果に応じて高額報酬となる傾向にもあると思われます。

以上です。
こうした観点から見ると、求人で「どのような産業医を求めているのか?」といったことが分かりやすいと思います。

特に「リクルートドクターズキャリア」などですと、どのような医師を求めているのかといったことを詳しく説明していただけますので、応募する求人で迷われたら、ご相談いただいてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。