「産業医はQOMLがいいからな」という臨床医の意見に対して思うこと【医師転職】

某医師専用掲示板に、「QOL(QOML)がいい医師としての働き方は?」というスレッドが立てられていました。スレ主のコメントとして、「産業医、健診医」がその代表格として挙げられておりました。

そのようなコメントを見ると、立川談志がタクシーの運転手さんに「アンタらの仕事は楽なもんだよね」と言われて、「その通りだよ。なんでアンタやらないんだい」と返したというエピソードを思い出しました(笑)

このスレッドの中に、どうやら常勤産業医らしき女医さんがコメントされておられ、

・業務を行う上で、精神的な負荷は高い。

・一回就職したら安泰というわけではなく、企業の都合で解任・契約解除もありうる。

・QOLだけでなく、自分の興味ある分野で働くことも重要なことではないか。

とのこと。まさしくそのとおりだな、と思った次第です。他にも、非医療者たちを相手に、企業の中で勤務していくというバランス感覚なども必要であり、「院外で働く」ことの苦労についてはご理解いただきたいし、これから産業医とした勤務することを検討されている方々は覚悟しておいたほうがいいようにも思います。

ただ、この辺も慣れという部分はあるでしょうし、たとえ「当直・オンコール・深夜呼び出しもないし、QOLいいんでしょ?」という思いからであろうと、産業医になろうという若手医師が興味を持って飛び込んできてくれることは歓迎すべきではないかと思っています。実際、そこから産業医として残るのは、「産業医の仕事って面白い」といった興味を持った方だけで、他の方は臨床医に戻るといった選択を行うのではないでしょうか。

もし産業医という仕事にご興味をお持ちということでしたら、まずはリクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアといった求人紹介会社にご登録の上、転職エージェントにご相談いただいてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。