コロナ禍で減少していた医師求人数も戻りつつあるも「それでも転職が厳しくなった」理由と3つの対策【医師転職】

ケース別 キャリアの落とし穴|リクルートドクターズキャリア」によりますと、一時は7割ほどに落ち込んだ医師求人数も、平時の状態に戻りつつあるとのことです。

ところが、「今も経営が不安定な医療機関は少なくない」ため、結果として医師採用で見る目は依然として厳しいまま、「医師の希望条件もすんなり通らなくなっている」ところは多いようです。

コロナ禍は一段落ついたとしても、経営状況は遅れて戻ってくる、もしくはしばらく戻ってこないという可能性があり、それに伴って医師の採用条件が厳しくなることが予想されます。

では、こうした転職希望者にとって厳しい冬の時代とも言える現在、どのような対策をとったらいいのでしょうか?

「専門性」ばかりではなく「収益性」が求められている

以前であれば「専門性が高い」ということ自体が評価され、管理職としても採用されていた傾向もあるかもしれませんが、現在のように経営難の病院が多い状況でありますと、「収益性が高い」ということが評価される傾向にあると思われます。

また、管理職付きではない一般医師であっても、「外来で幅広い疾患が診れる、様々な疾患を抱える高齢者の入院患者を診療できる」といったことが求められるのではないでしょうか。

よって、採用面接では、「貴院の収益にとって、どのように私は貢献できるのか」という視点に立って回答を行うよう心がける必要があると思われます。

職場環境への「適応・順応性」をアピール

コロナ禍以前のような「売り手市場」であれば、ある程度の協調性のなさ、スタッフへの配慮のなさなどは目をつぶられていましたが、買い手市場にシフトしつつあるということになりますと、そうも言っていられません。

「職場環境に適応・順応する医師」を求められているわけであり、採用面接の場であっても「協調性・スタッフへの配慮ができるか否か」といったところが厳しく判断される可能性があります。

ですので、面接対策の一貫として「協調性ありますよ」「スタッフへの配慮もできますよ」といったアピールができるようにしておくことも必要かと思われます。

転職活動の期間を長めにとっておく

転職活動において、ある程度は「希望の求人が現れるまでじっと我慢する」ということも必要になります。また、一年を通じて、求人が出やすい時期、出にくい時期というのもあり、こればかりは「運」や「めぐり逢わせ」という部分があります。

さらに言えば、このコロナ禍により情勢はなかなか読みづらいということもあり、以前であれば3ヶ月もあれば十分であったかもしれない転職活動の時期も、長めにとる必要があるかもしれません。

ですので、「退職してから次を探す」ということではなく、「現職場で勤務を続けながら長めの期間をとって転職活動を行う」ということをオススメしたいと思います。

なお、希望条件の見直しで「新たな求人」というのが見つかることもあります。その点、リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアに登録して、相談されてみてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。