産業医を利用して社員に「退職勧奨をさせよう」とする管理職が未だにいて愕然【産業医マニュアル】

顧客からのクレームが続き、「本当に、彼に業務を続けさせていいのか?」とまで言われてしまった社員さんがおられました。60代後半ということもあり、「認知症が疑われる」ということで産業医面談を受けていただくことになりました。

面談で話をする限りでは、受け答えも問題なかったのですが、長谷川式認知症スケールで簡易検査を実施したところ、「認知症疑いあり」という結果でしたので、自宅近くの病院の物忘れ外来を受診していただくこととしました。

その旨を、社員さんの所属する部署を統括する管理職の方にお伝えしたところ、「認知症かもしれないのに、このまま働かせるのは不安。どうしてすぐに出勤停止としてくれなかったのか」と言われました。

「クレームはたしかにありましたが、すぐに出勤停止をする必要がある理由は現在のところ見当たらないと思います。まだ診断確定もしていない段階ですので、まずは受診勧奨し、その受診結果を踏まえて今後のことを話し合いませんか?」と返答しましたが、納得いただけていないご様子。

さらには「認知症疑いがあるということで、退職を促してもらうことはできませんか?」とのことで、明らかに退職勧奨をするよう求められてしまいました。

「産業医の役割上、それはできません。受診結果をもとに、就業継続可能かどうか、またご本人をまじえてお話しましょう」と繰り返しお話をしましたが、やはり「すぐにでも辞めてもらいたい」とのことでした。

未だに退職勧奨を産業医にさせようとする管理職がいることにも驚きですが、やはり未だに「病気なら働けない、辞めてもらう」という考えになってしまうのか、と悲しく感じてしまいました。

こうした退職勧奨案件に関与させられてしまう可能性もありますので、産業医としてはやはり気をつけていく必要があるな、と改めて思った次第です。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。