医師のバイト求人数はコロナ禍で乱高下…焦らずに待つのか、バイト選びの戦略立て直しをするのが正解か

医師のバイト求人数は、コロナ禍でかなり乱高下している模様です。リクルートドクターズキャリアによりますと(最新の非常勤&スポット勤務事情)、コロナ流行で求人数は減少し、6月に一度増加傾向にあったそうですが、7月以降、再び減少しているようです。

特に、クリニックが経営悪化を反映してか求人数減少の傾向が大きく、また外来の求人も減っているとのことです。

ですので、「どうしてもバイトする必要がある」という先生方は、比較的影響の少ない「当直・病棟管理・訪問診療」バイトに狙いを変えて探すといった戦略立て直しをしてみるのも手ではないでしょうか。

ただ、すぐさまバイトを探さなければならないということではない、ということでしたら、コロナ禍が落ち着き、求人数も戻ってきた頃にバイト探しを再開するという手もあると思います。

それまでの間、スポットで当直に入る、健診バイトを行うといったことをすることが可能ならば、大きな収入ダウンも起きないように思います。

しかしながら求人がいつ戻ってくるかといったことは不透明ですので、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

などのキャリアアドバイザーにご相談しておくか、もしくは

医師バイトドットコム

などのメールで条件に合う求人募集があれば知らせてくれる会社などにあらかじめ登録しておくといったことをしておくと、機会を逸することはないのかな、と思いますのでオススメです。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。