「院長の代替わり」した病院に若手医師が採用されやすくなる理由【医師転職】

私は臨床医時代、急性期病院から療養型病院に転職を考えていました。リクルートドクターズキャリアにご紹介していただいた求人でしたが、初期研修を終えて2~3年程度であり、その病院では比較的年齢の高い医師が多い中、「なぜ内定をもらえたんだろう?」と疑問に思っていました。

ただ、このようなことは比較的多いようです。キーワードとしては、「院長の代替わり」です。その病院も、40代の二代目のドクターが院長になっていました。そうなりますと、「自分より年上のドクターより、若手医師を雇いたい」という傾向になるようです。考えtてみれば分かりますが、やはり年上の部下より、年下の部下の方が扱いやすいということはあると思います。

70代の前院長が、40代の若院長となった病院などでは、比較的若手医師が採用される傾向にあると思いますので、「経験も浅い若手だから、無理かな…」という方も求人に応募されてみてはいかがでしょうか。

ただ、自分で「院長が代替わりしたかどうか」といったことは調べるのは困難であると思いますので、リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントにお問い合わせいただいてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました