ストレスチェック後の面談などに有用な「職業性ストレスモデル」とは【産業医マニュアル】

スポンサーリンク

今日からできる「ストレスをためない方法」|元アマゾン産業医の相談室 #1に、ストレスコーピングについての話題が掲載されていました。

ストレスコーピングの手順としては、「仕事が辛く感じる原因は何か?」を特定した後、以下の「NIOSHの職業性ストレスモデル」でどこに働きかけるべきか考えると分かりやすいとのことです。

NIOSHの職業性ストレスモデル

1) 仕事のストレス要因:無理な仕事、辛い人間関係、将来への不安など

2) 仕事以外の要因:健康問題、家族の問題、通勤が辛いなど

3) 個人要因:性格、職種、年齢など

4) 緩衝要因:相談相手の存在、上司や同僚からの支援など

5) ストレス反応:不眠、不安、体調不良、欠勤など

6) 疾病:うつ病、適応障害など

明らかに業務負荷が高い場合は、「1) 仕事のストレス要因」に働きかけ、上司のサポートが必要ならば「4) 緩衝要因」、仕事を進める上での性格上の問題があれば「3) 個人要因」といった形でしょうか。

こうしたある程度の「型(かた)」がありますと、アドバイスもしやすくなり、この「NIOSHの職業性ストレスモデル」と見つつ、どこに働きかけを行ったらいいのか話し合うのも良さそうですね。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

産業医マニュアル
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました