医師の円満退職を行うための3つのコツ「引き止めへの対処、退職を伝えるタイミング、挨拶」

転職活動が上手く行き、退職を決意されたところで、実はいくつか退職の障壁となることが生じます。特に、医師ともなると、一般的な企業以上に、辞めづらい事情があったりします。

今までお世話になったところでもあり、同じ地域に勤めることともなれば、できうる限り円満退職をしたいのではないでしょか。そこで、円満に退職するためのコツについて以下に記したいと思います。

1) 上司が引き止めてくる場合の対処法

上司や監督者に退職を申し出ると、「報酬アップ」「勤務条件の改善」などを提示され、引き止めにあうことがあります。そこで、グラグラと自分の気持ちが揺らぐと、転職は失敗に終わります。

そこで、大事なのは「なぜ転職をしようと思ったのか」ということをもう一度思い出しましょう。転職をすることで、どんなメリットがあると考えたのか、また、今の勤務先を辞めようと思った理由は何なのか、そういったところをもう一度振り返ると、自分がどうすべきか自ずと分かると思います。

また、そのような「転職をしなければ実現できないこと」などを伝え、意志をはっきりと伝えることは、上司を説得する上で非常に有効であると考えられます。

2) 退職の意志を伝えるタイミング

退職を告げてから、退職までのタイミングが、あまりに急すぎると、やはり上司の理解は得づらく、責められる理由になります。少なくとも、2ヶ月前には退職の意志を伝えましょう。

法令では、期間の定めのない雇用契約であれば、最低14日前に退職の意思表示をすれば、退職届の受理にかかわらず、退職できることが定められていますが、早めの方が良いと思います。

2ヶ月ほど前に直属の上司への退職意思表示を行い、1ヶ月前から業務の引き継ぎを行っていくのが望ましいのではないでしょうか。その1ヶ月の間に、余裕を持って外来・入院の患者さんの引き継ぎ・紹介を行っていくと、同僚たちも困らないのではないでしょうか。患者さんの担当数が多い方は、もう少し余裕を見て業務の引き継ぎを行う必要があるでしょうが、2ヶ月ほどの猶予があれば、十分に行えるでしょう。

3)他科・医療機関などへ退職のお知らせ・挨拶

患者さんの紹介のあった医療機関や、他科の医師、自分から紹介した医療機関へは、退職することを伝え、外来の後任などの紹介をしておくと、病院側に負担をかけず、スムーズに引き継ぎができると思います。

もちろん、後任にも十分に引き継ぎを行い、感謝の意を伝えることは忘れずにしておきたいところですね。

以上です。
辞める以上、「飛ぶ鳥跡を濁さず」で去りたいものですね。そのため、上のような3つのポイントを踏まえていただきつつ、丁寧に準備をされることをオススメしたいと思います。

なお、人材紹介会社「リクルートドクターズキャリア」では、退職時の引き止めなどへのアドバイスも行ってくれるそうですので、そのような引き止めがあると予見される場合は、こうした会社に転職支援をしてもらうといいかもしれませんね。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。