転職サイトや転職エージェントと上手く付き合っていくための「希望条件を伝える」タイミングの重要さ【医師転職】

医師が転職活動を進めていく上で、転職サイトや転職エージェントは強力な味方となりえます。ですが、その付き合い方を間違ってしまいますと、その効力を十分に発揮してもらえないこともあります。

実際、十分な話し合いの上、意思疎通が行われていませんと、「望まない転職」になってしまう可能性があります。だからこそ、「希望条件を伝える」タイミングは非常に重要だと思っています。

転職エージェントは、クライアントの「希望条件」をもとに求人を選別します。ですので、その希望条件が十分に伝わっているかどうかというのがキーポイントとなります。

では、その希望条件をどう伝えるのかという問題ですが、伝えるべきタイミングとして以下のような時であると思われます。

・初回の面談や電話相談の時

・送られてきた求人に対する感想を伝える時

・採用時面接を終えた際の印象を伝える時

まず、「初回の面談や電話相談の時」は特に大事です。最初に相談する時に「何も考えていなかった、準備していなかった」ではもったいないです。あらかじめ希望条件をある程度まとめておいてから、初回面談・電話相談をするようにしましょう。

ですが、転職エージェントとの面談や電話相談で、「本心の希望条件」が引き出されることもあります。

私は2回目の転職の際、「エムスリーキャリア」に臨床医へ戻る方針で登録しました。

ですが、初回の電話相談で、「実は産業医を続けたい」という本心が転職エージェントによって引き出され、改めて産業医の転職活動を行うことになりました。

次に、「送られてきた求人に対する感想を伝える時」も希望条件のズレを修正するのに良い時です。中には、求人に対してどのような印象を持ったか伝えない方もおられますが、それは非常にもったいないです。

そして、「採用時面接を終えた際の印象を伝える時」にも、「あ、こんな条件もあった方がいい」などと、希望条件が新たに追加されることがあります。ですので、実際に面接を終えた後、感想を求められた際に追加条件を伝えておくこともオススメです。

実際、私は「リクルートドクターズキャリア」で療養型施設で内科医として入職しようとしていたこともあり、採用時面接を終えた後に、内定をいただいたものの「やっぱり違うな…」と思い直したこともありました。

その後のタイミングで産業医になりたいと伝えたところ、その方針でサポートをしてくださいました。やはり「採用時面接」をきっかけに別の希望条件を望むということもありえますので、そこで改めて意志を伝えるということも重要です。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。