転職して「失敗したなぁ…」と入職後に思う2つのパターン【医師転職】

転職後に「失敗した…」と思う経験は、転職を繰り返している方では経験済みではないでしょうか。前に勤務していたところと比較することはもちろん、過去の職場との待遇や人間関係と比べてみて、「働きづらいなぁ…」と思ってしまうこともあると思われます。

実際、私も産業医として3度の転職を経験しておりますので、入職間もなくに「うわ、失敗した…」と感じたことがありました。

さて、今回はそんな転職失敗について、よくあるパターンについて書いてみたいと思います。

採用時面接での「違和感」をそのままにしてしまう

私が「失敗したなぁ…」と思ったことは、まず採用時面接での「違和感」をそのままにしていたケースです。

その企業に産業医として応募した際には、他の経験豊富な産業医が勤務しているからという理由で、経験を積めると思って入職を希望したのですが、実は入職時にその経験年数の長い産業医が辞めると発覚し、入れ替わりで私が入職することになっていました。

この点、採用時面接でボカされていたのですが、今思うと「あれ?説明が変だな」と違和感を感じていたので、そこを曖昧なままにしておくべきではなかったと後に思いました。また、担当する子会社数も採用面接時より多く、そこもぼんやりと説明されていたのをハッキリさせなかったことが悔やまれました。

採用面接を担当する方の人柄

私が臨床医時代、別の病院に応募したことがありました。採用面接を担当してくださったのは、院長と事務長でしたが、やや院長がクセのあるタイプの方で、また応募時の条件と異なる内容の説明をしていました。

結局、そこは内定辞退をすることになりましたが、恐らく入職していたら「失敗したなぁ…」と思っていたと思われます。

採用面接を担当されている方の人柄に「ちょっと苦手だなぁ…」と思われるようでしたら、後々やはり後悔する可能性もありますので、避けた方が無難かもしれません。

以上です。
転職エージェントが介入していただいていますと、上記の「採用面接時の違和感」については、面接後に改めて問い合わせを行うこともできます。ですので、できれば「リクルートドクターズキャリア」と「エムスリーキャリア」2社に絞り、良い求人が出てくるのを待つ、あるいは転職エージェントと話し合う、といった姿勢でよろしいかと思います。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。