「専門医を目指すべき」医師が今後はさらに絞られてくる可能性【医師転職】

2021年新春特別企画 激動の医療界予測」によりますと、医療の「集約化・分散化」が今後はさらに進んでくる、コロナ禍がその速度を早めたと指摘されています。

・集約化→高度な医療機器や専門医、スタッフの揃う高度急性期病院
・分散化→中小病院や診療所

ということで、提供するサービスの違いにより、二極化が進行していくことが予想されるとのことです。

そうなりますと、高度急性期病院で勤務する医師で、高度医療を提供する医師は専門医資格が必要である一方、中小病院や診療所で広く患者さんを診る医師にとっては、あまり専門医資格を持つ意味がなくなってくるかもしれません。

結果、高度急性期病院も数が限られ、そこで働く医師数も限られているため、「専門医資格を持ち、バリバリ働く」医師数は全体として減るのではないでしょうか。そのため、専門医資格を持つ医師も「セカンドキャリア」を模索していくことになるかもしれない、とのこと。

私も、内科医師として臨床医をしていた頃は、専門医資格を取得することを必須であり、「早く取得して開業するんだ」と思っておりましたが、今から振り返ってみると「そのキャリアパスは本当に正しいのか?」と疑問に思います。

何がなんでも専門医資格を取得せねば、と思っていたことも疑問ですが、「本当に臨床を続けたいのか?」といったことも含めて考える必要があったようにも思います。

大多数の臨床医が「とりあえず専門医を取得する」という時代ではなくなってくる可能性を考えますと、自分が果たして臨床医として何をしたいのか=どのような医療を提供したいのかということを改めて考え直すことが重要なのかな、とも思います。

現在、専攻医(後期研修医)で悩んでおられる先生方もおられるかもしれませんが、今、「こうするのが当たり前、この道を進むのが当たり前」と思っておられるところからもう一度、考え直してみる良い機会かもしれません。

もしその結果「転職を」ということでしたら、リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントに一度、ご相談なさってみてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。