「当直免除は何歳までが妥当か?」という議論が不毛だと思う理由

当直の忙しさも病院によって様々で、私も臨床医時代に勤務していた病院では1時間ごとに救急隊や外来受診の問い合わせがあり、起こされていました。

もっと忙しい病院もあり、「一睡もできない当直が常態化している」というところもあり、そのような病院ですと、「もう40代でキツくなってきたな…」とお感じになることもあるでしょう。

そうなってきますと、年齢によって「いつまで当直をやらなければいけないのか?」ということが議論として持ち上がってきますが、この議論は決着をつけることが難しく、「不毛だな」と私としては思ってしまいます。

というのも、年齢と一口に言っても、体力や救急対応への適正など人それぞれです。中には喜々として貫徹の当直をやる超人的なドクター(私の先輩ドクターがそういったタイプでした)もおられますし、私のように後期研修医にも関わらず「もうご勘弁を…」という人もいるでしょう。

その点、「何歳だから当直しなければならない」「何歳だから当直免除」といった年齢によって画一的に分けるのは困難であると思います。また、ある病院で「45歳で当直免除になった」としても、別の病院に医局人事などで異動した場合、「60歳まで当直をしなければならない」ということもあると聞きます。

ですので、「もう当直はご勘弁」ということでしたら、当直をしないことを条件に転職をすることも手だと思います。実際、「リクルートドクターズキャリア」や、「エムスリーキャリア」といった人材紹介会社には当直なしの求人も掲載されています。転職エージェントにご相談の上、ご検討されてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。