うつ病などメンタル疾患での休業中の「自宅での療養がストレス」となっているケース【産業医マニュアル】

スポンサーリンク

うつ病など、メンタル疾患での休業をしている社員さんで、「自宅での療養がストレス」となっているケースが結構あります。ですので、そうした方は「早く復帰したい」と申し出ることが少なからずあります。

独身で一人暮らしをしているような場合は、誰に気兼ねすることもなく療養はできますが、家族がいる場合はなかなかそうはいきません。両親、妻・夫、子供と暮らしていますと、「ずっと家にいる」ことが苦痛になってくることもあります。

やはり、夫婦仲が良好の家庭ばかりではないでしょうし、小さいお子さんのいらっしゃる家庭、思春期を迎えている子供と気まずい関係となっている家庭もあります。また、病気ということで配慮してくれることは多いでしょうが、家族ということになるとやはり、「つい本音をぶつけたくなる」といった瞬間もあるでしょう。

こうした家族間のことがきっかけでストレスを感じることは少なくありません。また、自宅にずっといることで「近所の目が気になる」といったことを気にして長らく療養することにためらいを感じるという方も少なくありません。

結果として、「仕事復帰した方がまだマシ」ということで復帰したいと考える方もいらっしゃいます。その場合は、リワークや試し出勤・出社など「家にいないで済む」ということを提案したりします。

ただ、元々、家庭でのストレスがきっかけでメンタル疾患を発症されることもあったりして、その場合は「どこで療養すればいいの?」と悩むケースもあり、「家庭の事情」というのは対応が難しいと改めて思ったりもします。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

産業医マニュアル
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました