「バイトだけ」で生活をするドロッポ医に向いている医師とは

非常勤・スポットバイトなどで食いつないでいく医師のことを「ドロッポ医」(「ドロッポ医師」が誕生するまでの3ステップ-きっとあなたはまだ踏み止まれる)と定義すると、そのドロッポ医の生活に向いている医師、向いていない医師がいると思われます。

ツイッター界隈では、ドロッポ医を自称して愚痴を吐いておられるアカウントもありますが、そうした方々はドロッポ医に向いていないのではなかろうか、と思ってしまいます。もちろん、ご事情があり、常勤医に戻るに戻れないといったこともあるのでしょう。

今回は、そんなドロッポ医に向いている医師について書いてみたいと思います。

医師として働くこと以外に目標がある

「小説家になりたい」「音楽家になりたい」などなど、医師として働くこと以外に確固たる目標がある方は、ドロッポ医をしていても「私には夢がある」ということで問題ないのではないでしょうか。

売れない芸人さんがバイトをして生計を立てるように、ドロッポ医として生計を立てて、自由になる時間が多いため、夢に邁進できると思われます。

ですので、こうした確固たる目標があり、そのことに邁進できる人であればドロッポ医になることも厭わないでしょう。

お金のかかる趣味を持っている、多額の借金がある

ドロッポ医となった場合、「働くことに意味・意義が持てない」という方が結構いらっしゃいます。「何のために働くんだろうか…」と哲学的に悩み出してしまうというわけです。

ただ、お金のかかる趣味を持っている、もしくは多額の借金がある場合はそんなこと言ってられません。「とにかく稼ぐ」必要があるわけで、常勤医時代よりも多額の年収を目指してひたすら稼ぎ続けるということになると思います。

人間関係がとにかく苦手と自覚している

常勤のドクター、コメディカルたちと上手くやっていくことができず、「人間関係がとにかく苦手」という方は、やはり「薄い接点で仕事ができる」「もし居づらくなったらすぐに辞められる」という点で、非常勤ないしスポット勤務は望むところではないでしょうか。

ただ、この点、自分で認められるかどうかという点は大きいです。まだ諦めきれていないということですと、なかなかドロッポ医になるという選択はとれず、転職を繰り返すという方もおられます。

以上です。
こうして考えていくと、「ドロッポ医に向いている」という方はやはり比較的少数なのではないか、と思われます。ただ、常勤医として勤務するにしても、条件によっては今までの職場よりも働きやすい、ということもあると思われます。

ですので、常勤医として入職するに際して、「リクルートドクターズキャリア」や「エムスリーキャリア」などの人材紹介会社の転職エージェントを介して交渉をしっかりと行ってみるのはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。